カテゴリー「Tokyo」の記事

2011/02/19

市ヶ谷の老舗中華料理店「九龍飯店」が(すでに)閉店

今週ベルサール九段で開催されたソーシャルメディアサミットに行ってきた。九段下はかつての僕の勤務地で、せっかくなので昔よく行った店に行こうといろいろ考えた結果、市ヶ谷の駅前にある「九龍飯店」に行くことにした。

九龍飯店 キュウリュウハンテン - 市ヶ谷/中華料理 [食べログ]

元九龍飯店

続きを読む "市ヶ谷の老舗中華料理店「九龍飯店」が(すでに)閉店" »

2010/11/10

美しい東京のTimelapse動画:Mirai Mechanism -未来メカニズム- by vividblaze

昨日流れてきた動画。vividblazeの「Mirai Mechanism -未来メカニズム」という曲に乗せて、東京都内の美しい風景をTimelapseで撮影したもの。曲もとても印象的だ。

vividblaze Official site
手塚三保(vividblaze) (vividblazemiho) on Twitter

2010/06/28

東京の夜景をTime Lapseで

東京の各地で、日暮れ時から夜にかけ、Time Lapse撮影(一定間隔で写真を撮ってつなげる)したもの。
六本木、新宿など、見慣れた風景も、こうやってみると輝きを増すような気がする。
新潟でも、朱鷺メッセ展望台でやったら、なかなかいいものが撮れそうではある。

2009/10/20

早稲田のマーレ、2005年に閉店していた

学生向けの量自慢の店の話題がTwitterで飛び交ったので、ふと思い出して、早稲田在学中に通った「スタミナライス」の店を調べてみた。調べてみると「スタミナライス」は僕の行ってなかった「カナリヤ」のメニューで、僕が好きだったのは、マーレの「スタミナ丼」だった。だが、残念なことに、マーレは2005年に閉店してしまったようだ。

リンク: 不味いメシなら喰うな! : 消え行く大隈通り商店街のキッチン【早稲田】 - livedoor Blog(ブログ).

学生時代の後輩Mより早稲田のマーレが閉店するとの情報が入る。思わず足が向いてしまいました。

続きを読む "早稲田のマーレ、2005年に閉店していた" »

2009/04/18

ストーム・トゥルーパー、今度は六本木で踊る:曲は懐かしのSES

ダニーチューさんが、スターウォーズのストーム・トゥルーパーのコスチュームを着て、都内各地でダンスするシリーズ。今回は新しいカメラのテストを兼ねて(?)、六本木でダンスしている。

表示このユーザーの他の動画関連動画コメント保存共有メールで送信

View above video

今回の曲は、古くからのアジア音楽ファンには懐かしい、S.E.Sの「Just a feeling」。S.E.Sは、韓流ブームの始まる前、BOAより前の90年代に、日本デビューを果たした韓国女性3人によるグループ。

 

 

関連記事:

2008/04/02

向嶋閉店

昨晩久々に新橋に出て、向嶋という店を訪ねた。向嶋は向田邦子ファンにおなじみの店。「向田邦子の手料理」という本に出てくるような料理が食べられるのだ。

新潟に引っ越す前に何度か行って、非常に気に入っていたのだが、新橋からちょっと距離があり、また週末は営業していないということもあって、しばらく足が遠のいた。昨日も歓楽街を抜けた少し静かな路地に入り、たしかこっちのほうだったよなあと、やや心細くなりなった頃に、ようやく店を発見。

が、あいにく、外に椅子が出されていて、中は工事中の状態だった。そうか、改装工事か、せっかくたどり着いたのに残念だなあと、かなり落胆したのだが、実は向嶋、改装ではなく、閉店していた。


from shinyai


続きを読む "向嶋閉店" »

2007/08/27

iTalkを導入

iPod nanoで録音のできるiTalkを買い、都内のあちこちでぶつぶつとかぼそぼそとか、おしゃべりをしている。非常に怪しい。


Podcastのフィードをつけてみた。まだ動作確認はしてない。今後いろんな音声ファイルを公開する予定。大学でもたまに誰かを捕まえて、トーク番組を作ってみようと思う。

2007/04/20

高島屋:新宿店新装オープン 団塊世代、団塊ジュニア狙う-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

春休み中に行った際には、まだ大規模工事が進行中で、かなり不便だった、新宿高島屋の改装が終わったようだ。

リンク: 高島屋:新宿店新装オープン 団塊世代、団塊ジュニア狙う-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ.

また、巨艦店ゆえに、「買い物をして回るのに疲れる」との声があったため、歩く距離を短縮するようブランドや商品の配置を工夫し、エスカレーター周辺には休憩スペースを設置した。 

同店は開業当初、新宿の地域一番店とされる伊勢丹本店を脅かす存在として注目を集めたが、主な対象を若い女性層に絞ったことなどが裏目に出て売り上げは低迷。07年2月期の売上高は779億円と、小田急百貨店新宿店、京王百貨店新宿店に次ぐ4番店に甘んじている。

休憩スペースは、暇をもてあます男性には非常に重要だ。

07年2月は大規模改装中だったので、あまり参考にならないと思うが、改装前から小田急、京王に負けていたということだろうか。ちょっと考えにくい。たしかに2月頃はあっちもこっちも改装中というので、売場面積も狭いし、通路も不便な状態にあったので、売上が落ちていても不思議ではない。

ちなみに香港から来た友人は、高島屋は広くて一箇所で何でもそろうから便利だといっていた。慣れない土地だと、たしかそういう面はあるかもしれない。

2007/02/15

J-CAST ニュース : 「ゲストハウス」のガイドブック 山と渓谷社

山と渓谷社が、都内のゲストハウスのガイド本を出したそうだ。

リンク: J-CAST ニュース : 「ゲストハウス」のガイドブック 山と渓谷社.

地方私大の就職課は、在学生の東京での就職活動の困難さを、よく理解しつつも、なかなか有効な手を打ち出せていない。せいぜいが、長距離バスを仕立てて、就職イベントに連れて行くぐらいだろうか(そういう話はときどききく)。日本の高い交通費、宿泊代を考えると、とてもじゃないが「もたない」はずなのに、都心に地方大のオフィスができると、「在学生の就職活動の拠点に」なんていう宣伝文句が出てきがちだ。泊めてくれるなら、まさに「拠点」になるわけだが。

稚内にいた頃、浅草の2000円のゲストハウスに学生たちが泊まっていたことがある。この手の宿泊施設が増えれば、地方大学生の就職活動の拠点都市として、とか、その他学生の上京に、結構有効なんじゃないかと思う。東京での学生生活は、経済的には大変だ。地方でゆったりやっても、適宜必要に応じて東京に出て、長らく滞在できるようになれば、地方の大学にとっても、むしろメリットがあると思う。

2006/04/21

近所の北海道と青森

明日から約一ヶ月ぶりで稚内に戻る。すっかり東京の気候に慣れてしまったので、思わぬ寒さに観光客並みにビビることだろう。汐留のANAのカウンターまで自転車で行き、発券してきた。株主優待券はチケットレスが利かないので、あらかじめ発券しておこうと思ったわけだが、結果的には失敗。汐留は結構遠いばかりか、自転車では渡れない交差点(歩道橋のみ)も多く、結構遠回りをすることになった。しかも今日は強風。

道すがら、近所にどんな店があるかチェックしながら進行。ものすごい近くにグリル十勝、少し進むと「ふらの」という小さな居酒屋もあった。たしか「わっかない」という店は新橋だったっけ。青森の物産店が、新富町の地味なところにあった。飯田橋の店もそうだが、こっちも相当地味な立地である。東京駅や有楽町駅にでーんと店を構える北海道に比べると、んー、宣伝効果は半分以下だろう。賃料も半分以下かもしれないが。

より以前の記事一覧

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

log