カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2010/06/24

個人向け電子書籍作成サービス「パブー」

paperboy&co.が、個人向け電子書籍作成サービス「パブー」をスタートさせた。

ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム (by shinyai)

「パブー」は、ウェブ上で電子書籍の作成・公開・販売が行えるオンラインサービス。アカウントを作成することで無料で利用できる。サイト上の作成画面から、本のタイトルやカテゴリーなどを決め、ページを追加してテキストや装飾、画像などを編集していくことで、電子書籍が作成できる。

 

作成した電子書籍は、「パブー」のサイト上で公開できる。また、EPUBおよびPDF形式のファイルも自動作成され、iPadやKindleなどの電子書籍リーダーでも閲覧できる。

 

書籍を公開する際には無料または有料を選ぶことができ、有料で販売する場合には10円~3000円の販売価格が設定できる。販売価格から手数料を差し引いた70%が作者の報酬となる。無料で読める試し読みページの分量も設定できる。

作者が70%取る仕組みは、アマゾンがKindleで導入している印税率と同じということなのだろうか。

個人の電子出版がこれで一気に加速するのかどうかはよくわからない。だが、有料のオプションも選択できる、個人向けの電子出版というのは、画期的なサービスといっていいだろう。今後対応する予定として、以下のような項目が挙げられている。

    *  複数人で本を編集できる機能
    * ブログからのインポート
    * 本へのタグづけ機能
    * クレジットカードでの本の購入
    * iPad アプリ・表示最適化
    * iPhone アプリ・表示最適化
    * 携帯電話対応
    * Amazon DTPへの登録代行
    * iBooks storeへの登録代行

ここまですべて対応したら、書き手だけでなく読み手の注目も集まってくるだろう。その時にどこまでコンテンツがそろうかが、このサービスにとってはカギになりそうだ。

2009/05/24

ドン・タプスコット「デジタルネィティブが世界を変える」

「いまどきの若い者は。。。」という冷ややかな態度で、ネット世代を見るのではなく、企業、社会、学校、家庭、政治などにどんな影響力を与えているかを知り、彼らに有効にアプローチするべきだとと説く一冊。

原題は「Grown Up Digital - How the Net Generation is Changing Your World」。

続きを読む "ドン・タプスコット「デジタルネィティブが世界を変える」" »

2009/05/09

リチャード・フロリダ 「クリエイティブ都市論―創造性は居心地のよい場所を求める」

POLAR BEAR BLOG: 「日本か海外か」じゃなくて、「大都市か田舎か」なのかも。で紹介されていたので、早速買ってきて読んでみている。ようやく2章まで読んだところ。

2000年に、「フラットな世界」を信じて東京を飛び出した僕には、耳の痛い話が満載だ。国ではなく、世界の中のごく一部の大都市圏に、あらゆるものが集中してしまうという現象は、グローバリゼーションの中にあって、むしろ加速化し、格差を広げているという。しかもその格差というのを、人口密度、経済活動、イノベーションという三つの要素で見た場合、イノベーション(ここでは特許件数でみている)での偏りがもっとも大きいというのだ。


もちろん僕は、この10年を通じてこうした「格差」を、身をもって体験してきたわけなのだが、あらためてこのように分析されると、暗い気分にならざるをえない。ただ、東京や大阪のような勝ち組都市(「メガ地域」)には逆立ちしてもなれない地域も、それならそれで、別の道をどのように見つけるかを考えればいいはずだし、そのためにも役立つ一冊といえそうだ。

2009/05/02

Lessig「REMIX」をCCライセンスで公開

Lawrence Lessigさんが昨年出版した、「Remix: Making Art and Commerce Thrive in the Hybrid Economy」が、CC-By-Nc(著者名の表示と非営利が条件)で無料公開された。

今日の東京での講演には行けなくて残念だったが、ひょっとしたら東京でもこの件について、なにか発表があったのだろうか。

 

リンク: REMIX now ccFree (Lessig Blog).

 

この表紙は、ペーパーバック版と同じもののようだが、手錠から解放される人物のシルエットがいい。


続きを読む "Lessig「REMIX」をCCライセンスで公開" »

2008/09/24

佐々木俊尚『ブログ論壇の誕生』 (文春新書)

佐々木俊尚さんの新作が出たようだ。

ブログ論壇が「いま」誕生したわけではないと思うが、マスメディアの定義する「論壇」に代替しうるものとして、「ブログ論壇」なるものが、「いま」鮮明に見えてきたいという趣旨ではないかと思う。

ブログ論壇の誕生 (文春新書 (657))
佐々木 俊尚
文芸春秋
売り上げランキング: 1193
おすすめ度の平均: 3.5
2 ネット・ワッチャーがみた種々雑多なネットのすがた
5 新しい人間像と自画像とは?

2008/07/17

モスクワに行くならこの一冊、岩本和久『情報誌の中のロシア』

稚内時代の同僚、岩本和久先生の新作。
ずいぶん前に、版元の東洋書店さんを通じて、お送りいただいていたのだが、ほかの郵便物にまぎれて気づくのが遅れてしまった。まずは献本に感謝。

ちょっとおおげさに「モスクワに行くならこの一冊」としてみたが、「この一冊をもっていくべき」という感想は、そんなに外れていない。「モスクワ」の部分は、「ペテルブルク」も対象なので、ちょっと違うのだけど。

 

続きを読む "モスクワに行くならこの一冊、岩本和久『情報誌の中のロシア』" »

2008/06/29

深見嘉明「ウェブは菩薩である」

週末に新宿のジュンク堂へ、資料収集に行ったのだが、結局探していた本は見つからず、「ウェブは菩薩である」という一風変わったタイトルの本を買ってみることにした。著者は、慶應義塾大学SFC研究所上席所員の深見嘉明さん。正式発売は明日30日月曜日だったようだ。

リンク: いよいよ明日,6月30日発売です. - deepen ~Yoshiaki FUKAMI’s view.

 

ウェブは菩薩である
ウェブは菩薩である
posted with amazlet at 08.06.27
深見 嘉明
エヌティティ出版
売り上げランキング: 234317

 

続きを読む "深見嘉明「ウェブは菩薩である」" »

2008/06/12

今橋 映子『フォト・リテラシー―報道写真と読む倫理』 (中公新書 1946)

シロクマ日報で紹介されていた、表題の本を買ってきた。

中公新書を買うのはずいぶん久しぶりのような気がする。


from shinyai



フォト・リテラシー―報道写真と読む倫理 (中公新書 1946)

今橋 映子
中央公論新社
売り上げランキング: 20865
おすすめ度の平均: 4.0
4 美しい棘

続きを読む "今橋 映子『フォト・リテラシー―報道写真と読む倫理』 (中公新書 1946)" »

2008/06/03

荻上チキ『12歳からのインターネット』

『Web炎上』の著者として知られる荻上チキさんが、「12歳からのインターネット」という著書を出されるそうだ。

リンク: 『12歳からのインターネット』が発売されます - 荻上式BLOG.

12歳からのインターネット
荻上 チキ
ミシマ社
売り上げランキング: 46118

続きを読む "荻上チキ『12歳からのインターネット』" »

2008/06/01

月刊 ascii2008年 07月号

新潟ジュンク堂で売り切れだった、月刊 ascii2008年 07月号だが、 新宿のジュンク堂で入手することができた。この手の「雑誌」を買うのは、本当に久しぶり。

月刊 ascii (アスキー) 2008年 07月号 [雑誌]
角川グループパブリッシング
おすすめ度の平均: 5.0
5 コンテンツ群が濃いっす

近時の広告の変化を特集した「明日の広告」。モバゲー、ニコニコ動画、はてなブックマークなどをヒットさせた人々に取材した「大化けの極意」。「青少年ネット規制」問題は、藤代裕之さんが編集部とともに取材し、寄稿している。

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

log