« 敬和学園大学アーチェリー部、星亜沙美さんが全日本学生フィールドアーチェリー選手権で優勝 | トップページ | ビジネスSNSのLinkedInが日本語対応 »

2011/10/21

敬和バドミントン部、武下利一選手が、全日本学生バドミントン選手権で優勝

敬和学園大学バドミントン部の武下利一選手が、全日本学生バドミントン選手権の男子シングルスで優勝した。

敬和学園大学バドミントン部 松浦進二監督の新・一球入魂  : 全日本学生バドミントン選手権 本日の結果

全日本学生バドミントン選手権 男子シングルスで優勝 - 敬和学園大学

 <準々決勝>  武下利一(敬和学園大学) 2 - 0 中村祐文(立命館大学)  <準決勝>  武下利一(敬和学園大学) 2 - 0 内藤浩司(日本体育大学)  <決勝>  武下利一(敬和学園大学) 2 - 0 和田周(日本体育大学)

武下利一さん
「前の試合から間が空いたので、身体がきつかった。その分変なことを考えず、試合に集中できた。全日本総合で勝るようにこれからしっかり練習していきます。 」

松浦進二監督
「力的には武下が大学生の中では抜き出ているが、インカレでは3年続けて3位だった。本人もプレッシャーを我慢して優勝することができた。 」

すでに全日本の大会でも実績がある武下君だが、インカレの優勝は初めて。4年目にしてようやく頂点に立つことができたことになる。学生のトップが彼の目標ではなく、日本のトップ選手となり、オリンピックに出場するというのが、次の目標になるだろう。しかし大学選手権できっちりタイトルを取ったというのは大きな成果だ。

敬和学園大学バドミントン部は、少数精鋭集団。本当にみんな一生懸命練習している。この集団の一員として、武下君がまた一つ成果を残してくれたわけだが、他の選手の実力も上がってきていると聞く。彼らは、かつて日本のバドミントン界を代表する選手であった松浦監督から、少人数で直に指導が受けているわけだが、こうした環境で練習できるクラブというのは、そうそうないだろう。新潟は雪深いと思うのか、なかなか関東圏の選手が入部してはくれないようだが、客観的に見ても、狙い目じゃないかと思う。

これからも個人・団体ともに、敬和バドミントン部がさらに成果を上げていってほしい。

過去の関連記事:

敬和バドミントン部、武下利一選手、日本ランキングサーキットで二連覇達成: ICHINOHE Blog

敬和バドミントン部、武下利一選手が、ニュージーランド国際(Li-Ning New Zealand International)で優勝: ICHINOHE Blog

« 敬和学園大学アーチェリー部、星亜沙美さんが全日本学生フィールドアーチェリー選手権で優勝 | トップページ | ビジネスSNSのLinkedInが日本語対応 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52760/53044449

この記事へのトラックバック一覧です: 敬和バドミントン部、武下利一選手が、全日本学生バドミントン選手権で優勝:

« 敬和学園大学アーチェリー部、星亜沙美さんが全日本学生フィールドアーチェリー選手権で優勝 | トップページ | ビジネスSNSのLinkedInが日本語対応 »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

log