« 情報ネットワーク法学会特別チャリティ講演会『大災害時のソーシャルネットワーク・インターネットの効用と課題』:司会を担当予定 | トップページ | 情報ネットワーク法学会特別チャリティ講演会『大災害時のソーシャルネットワーク・インターネットの効用と課題』無事終了 »

2011/05/10

脱原発とソーシャルメディアに関してコメント(中日新聞)

5/9付中日新聞の下記記事で、僕のコメントを掲載してもらった。名古屋での「脱原発」行進が行われ、いわゆる「活動家」ではない一般の人々が、ソーシャルメディアで情報を共有し、多くの人々が今回の更新に参加したという記事。

ネットで結集、脱原発へ行進:トピックス:中日新聞女性向けサイト:オピ・リーナ(Opi-rina)

ソーシャルメディアに詳しい一戸信哉・敬和学園大(新潟県新発田市)准教授は「ソーシャルメディアは一般の人にとって、広く情報取得の手段になり始めている。震災や原発後、人々の意識が高まっているところに、関連情報に触れ、これだけの数のパレードに結び付いたのだろう」と話している。

実は昨日、笹団子屋の中で連絡をもらって電話で答えた内容。したがって、この出来事の詳しい背景については調べられずに回答した。実際には「活動家」も中に入っていた可能性もあるし、その辺の実態はもっとよく調べてみなければわからない。原発に関する関心は、一般の人々の間でも高まってきているところに、人々の関心をつなげていくものとして、ソーシャルメディアが機能した、と見るのは、それほど外れてはいないだろうと思っている。ただFacebookがそこまで機能したか、という点については、やや疑問に思っている。

« 情報ネットワーク法学会特別チャリティ講演会『大災害時のソーシャルネットワーク・インターネットの効用と課題』:司会を担当予定 | トップページ | 情報ネットワーク法学会特別チャリティ講演会『大災害時のソーシャルネットワーク・インターネットの効用と課題』無事終了 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52760/51630315

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発とソーシャルメディアに関してコメント(中日新聞):

« 情報ネットワーク法学会特別チャリティ講演会『大災害時のソーシャルネットワーク・インターネットの効用と課題』:司会を担当予定 | トップページ | 情報ネットワーク法学会特別チャリティ講演会『大災害時のソーシャルネットワーク・インターネットの効用と課題』無事終了 »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

log