« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/19

市ヶ谷の老舗中華料理店「九龍飯店」が(すでに)閉店

今週ベルサール九段で開催されたソーシャルメディアサミットに行ってきた。九段下はかつての僕の勤務地で、せっかくなので昔よく行った店に行こうといろいろ考えた結果、市ヶ谷の駅前にある「九龍飯店」に行くことにした。

九龍飯店 キュウリュウハンテン - 市ヶ谷/中華料理 [食べログ]

元九龍飯店

続きを読む "市ヶ谷の老舗中華料理店「九龍飯店」が(すでに)閉店" »

2011/02/14

Youtubeで特定アーティストを連続再生「君のラジオ」

すでにはてブ、Facebookページともに、1000以上登録されているサービス。

Youtubeから特定アーティストの曲を抽出して再生する「君のラジオ」がちょっとした話題だ。

君のラジオ

同種のサービスとしては、以前紹介したuWall.tvがあるが、こちらは日本語化されていないせいか、完全に「君のラジオ」が話題をかっさらってしまった感じ。

uwall.tvが、アイコンからアーティストを選択できるのに対して、君のラジオは検索窓に入力しなければならないのが違うところか。細かいところでは、君のラジオはアーティスト名以外に適当なキーワードを入れても検索してくれない(uwall.tvはこの手のランダムな検索も可能)。

この手のサービス、理想形はiPhoneでも再生できることなのだが、たぶん難しいだろうなあ。

ライバルのuwall.tvには、友人のお気に入りを再生する機能

この記事を書きながらuwall.tvを再訪したところ、右上にFriendsというボタンを発見。Facebookでログインしてみると、アイコンがFacebookの友人たちに変わった。どうやら、友人たちがYoutubeでお気に入りに入れた曲たちを再生できるようになるようだ。これもなかなか面白い機能だ。

Discover your friends music likes! | uWall.tv Friends

Discover your friends music likes! | uWall.tv Friends

【過去の関連記事】

Uwall.tvにJPページが登場:J-PopのYoutube動画を連続再生: ICHINOHE Blog

Youtubeで特定アーティストの曲を連続再生するUwall.tv: ICHINOHE Blog


Facebookページの新潟県ランキング

このところ日々進化をつづけているFacebookページ。ついこの前まで「ファンページ」という名前だったのが、「Facebookページ」に変わり、さらに新機能がいろいろ搭載され、Facebookの使われ方に大きな変化が起こりそうだ。Facebookページの新しい動きについては、一度まとめてみたいと思っているのだが、今日は別の話題。

ファンページからFacebookページと名前が変わる時期と前後して、日本ユーザ向けに新しくスタートしたのが、日本語Facebookページランキング。

fbrank.main.jp 日本語 Facebookページ ランキング

続きを読む "Facebookページの新潟県ランキング" »

Paper.liで言語やタグの細かい絞り込みが可能に

先日日本語化について書いた、TwitterやFacebookから日刊紙風のページを生成するPapar.li。
実はよく見ると、ピックアップされる記事の種類について、細かい指定ができるようになっていた。

paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む

上の画面でFacebookを選択すると下の画面へ。

paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む

Facebookの中で特定のキーワードが入ったものだけを抽出して、Paper.liに載せるように設定できる。

さらに強力なのは、カスタム新聞を選択した場合。

paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む

こちらはTwitter上で、リスト、キーワード、言語の選択での絞り込みが可能だ。特定の専門分野の人をリストに登録しておいて、その人たちが特定のキーワードのついた発言をしている場合だけを取り出すことができる。たとえば、自分が信頼するジャーナリストのリストを作っておいて、その人たちが語る「Egypt」の記事だけを取り出してきてPaper.liにまとめるというようなことが可能にある。

この機能を使いこなせば、自分なりの専門新聞を、ウェブ上に作ることができるようになる。

2011/02/10

敬和学園大学を「擬人化」

敬和の「擬人化」の試作品が、今日Pixivにアップされた。アニメ研究会の学生が試作したもの、と聞いた。なかなかよい感じに仕上がっていると思う。ふくろうと本(たぶん聖書)を両方持たせたのはちょっと窮屈な感じもするが、たぶんそういう依頼があったのだろう。


続きを読む "敬和学園大学を「擬人化」" »

TwitterやFacebookから「新聞」を発行するPaper.liが日本語化

このブログでも7月に紹介したPaper.liが、いつの間にか日本語化された。TwitterやFacebookの友人たち、Twitterのリスト、ハッシュタグなどから、情報を取り出し、新聞のような体裁にして、毎日ウェブ新聞を「発行」するサービスだ。

paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む

paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む

Twitterを日刊紙風に表示するPaper.li: ICHINOHE Blog

続きを読む "TwitterやFacebookから「新聞」を発行するPaper.liが日本語化" »

2011/02/05

手書きノートアプリ「7notes」

iPad用の手書きアプリ「7notes」が話題になっているので試してみた。

Business Media 誠:iPadをもっと直感的に! 漢字の補完変換もする手書きノートアプリ「7notes」

7notes - 7thoughts Corporation

ちょっといじってみただけだが、手書きの文字がスムーズに認識されるばかりか、思いだせない漢字をひらがなで書くと、変換候補を出して「補完」もしてくれる。これは少なくともわくわくするアプリだ。これでTwitterに直接書き込む機能がつくと、「tsudaり」にも使えるかもしれない。

先日新聞記者の友人と話していて、「なぜ若手記者も、取材ノートを持ってくるのか」という話題になった。結論は、取材相手が失礼と感じることを恐れるから。少なくともそれが理由の一つにはなっているようだ。iPadに手書き入力していたら、取材先の中高年は、失礼と感じるだろうか?

ちなみに現在キャンペーンで900円。本来は1500円だそうだ。

iPad用電子新聞の「The Daily」スタート

昨日iPad用電子新聞の「The Daily」がスタートした。これはルパートマードックが立ち上げる新しいプロジェクトで、紙の新聞を電子化するのではなく、最初からiPad用にカスタマイズした「紙面」を提供するというもの。また価格も1週間99セントとかなり安いことから、スタート前から注目されていた。

日本のiTunesのアカウントではダウンロードできないようだ(が、日本のユーザも海外のアカウントで試している模様)。

Techcrunchからは以下のようなレビューが出ている。

The Daily:iPadに「定期購読」課金モデルが登場

Hands-On With The Daily (Demo Video)

続きを読む "iPad用電子新聞の「The Daily」スタート" »

2011/02/01

無料英語学習SNSの「Smart.fm」が終了、有料サービスの「iKnow!」として再出発

無料英語学習SNS「Smart.fm」を提供するセレゴ・ジャパンは、同サービスを11年3月末で終了することを発表した。

Smart.fm - 世界最大級英語学習コミュニティーサイト

Smart.fm - 世界最大級英語学習コミュニティーサイト

セレゴ・ジャパン、有料英語学習サービス「iKnow!」を開始--「Smart.fm」は終了へ - CNET Japan

セレゴ、無料英語学習サイト「Smart.fm」終了へ、有料の「iKnow!」を開始 -INTERNET Watch

英語学習コミュニティーサイト「Smart.fm」3/31にサービス終了へ - はてなブックマークニュース

このサービスは2007年にスタートした無料の英語学習サイト。SNS機能を備え、すべて無料で提供されているのが特徴。当初は「iKnow!」という名前であったが、2009年に「Smart.fm」に名称変更していた。

僕は2008年にユーザミーティングに参加したことがあり、その後学生たちにも紹介していた。当時の経営陣は、無料モデルを維持すると明言し、プロダクトプレースメントのような手法(例文にクライアントの商品名などを入れる)で、収入を確保するという可能性を示唆していた。ただその後、この路線がうまくいったのかどうか。「冠」のついたゴール(コース)を見かけることは少なくともなかった。昨年あたりから、iPhoneアプリを有料、しかも1,000円以上の少し高めの値段で配信し、Freemiumモデルを模索していたようだが、これもうまくいかなかったということか。

敬和では2008年から、授業の中で紹介してきた。敬和の学生たちの評判はそんなに悪くなかったと思うが、Smart.fmで大きく語学力を伸ばしたという報告は、残念ながら受けていない。「情報」の授業で紹介されたぐらいでは、なかなか続かないということかもしれない。僕もまた、面白いとは思いつつ、なかなか続かなかったというのが正直なところ。

Smart.fmに名前が変わったところで、ユーザが作成するゴール(コース)の作成が可能になり、多言語メニューで多様なコースが提供できるようになった。これには非常に期待したが、コンテンツの性質上、ソーシャルメディアで良質のゴール(コース)があぶりだされるにはいたらず、さまざまなゴールが提供されたものの、結局雑然とした状態になってしまった。

今後は、もとの名称である「iKnow!」に名前を戻し、月額1000円の英語学習サービスとして再出発する。これまでのSmart.fmの学習履歴は、新しい有料サービスに引き継ぐことができるという。Freemiumではなく、完全な有料モデルに移行するわけで、語学学習を無料で提供するという革新的なプロジェクトは静かに終わることになった。

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

log