« 同志社で2月開催:情報処理学会EIP研究会への投稿募集 | トップページ | まちカフェ・りんくで「よるカフェ」:鈴木学長が一日マスターに »

2010/12/24

留学生主催の餃子パーティ

12月21日に、新発田市の地域交流センターで、敬和学園大学の留学生が主催する餃子パーティが開催された。

Dumplings Party 20101221

このイベントは研究生の留学生(中国出身)が主催したもので、後輩の中国からの留学生たちが手伝い、地域の皆さんや日本人学生たちも参加した。餃子パーティと言っても、本格的で、皮も具も留学生たちが一から作ったもの。僕は最初からいなかったので見ていないが、具に使われる肉も、肉の塊を細かく叩いて作ったそうだ。参加者の皆さんは餃子の皮作り(麺棒で延ばして作る)や具を入れるなどの作業をして、みんなでおいしくいただいた。

Dumplings

Dumplings Party 20101221

Dumplings Party 20101221

この秋南通からやってきた二人の留学生も、メンバーの中に溶け込み、楽しくやっていることが確認できた。

餃子の具は、後半卵焼きとニラを混ぜたものとなり、日本人はみな驚いたが、中国では普通の具だという。肉もにんにくも入らず、あっさりした味であった。水餃子と焼き餃子、両方試したが、僕はこの具に関しては、焼き餃子の方がおいしかった。

Dumplings Party 20101221

日本人の参加者の多くが、彼らの「腕前」に感嘆し、生地や皮の作り方を質問していた。日中関係が冷え込む状況下で、日本で暮らす彼らが、肩身の狭い思いをすることもあるんだと思う。そんな中での今回のイベントは、彼らが自分たちの食文化を紹介し、地域社会の中での立ち位置を確認する、いい機会になったと感じた。

最後に、主催の研究生の先輩から、「後輩たちに困ったことがあったら、助けてやってほしい」という、とても感動的なスピーチがあった。

------------------------------
院生だった10数年前、先輩の家にみんなで行って、中国からの留学生の先輩から手ほどきを受け、餃子を作ったことが思い出された。その後先輩の家にいた妹さんが、僕の同期のJungさんと仕事で再会し、結婚したことも、もちろん思い出された。今年Jungさんが亡くなった後、ご家族と会食した際にも、餃子パーティのことを話した。その時写真を撮ったかどうか覚えていないが、楽しい思い出だ。

集合写真を撮っていた留学生たちが、何年後かに再会し、みんな元気で、楽しい思い出として、餃子パーティのことを語れるようであってほしいと思う。

« 同志社で2月開催:情報処理学会EIP研究会への投稿募集 | トップページ | まちカフェ・りんくで「よるカフェ」:鈴木学長が一日マスターに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52760/50382316

この記事へのトラックバック一覧です: 留学生主催の餃子パーティ:

« 同志社で2月開催:情報処理学会EIP研究会への投稿募集 | トップページ | まちカフェ・りんくで「よるカフェ」:鈴木学長が一日マスターに »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

log