« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/31

『情報ネットワーク・ローレビュー』第10巻投稿募集

情報ネットワーク法学会の論文誌『情報ネットワーク・ローレビュー』が投稿論文を募集している。

『情報ネットワーク・ローレビュー』投稿募集

最終原稿は2011年1月末までに提出だが、投稿の申し込みが1月4日までと〆切間近だ。

投稿受付は、今回も一戸が担当することになった。公式な受付はメールでということになっているが、問い合わせはTwitter、Facebookなどでもかまわない。お気軽にどうぞ。

敬和学園大学における2010年のソーシャルメディア利用

敬和学園大学では、この1年でソーシャルメディアの活用が一気に進んだ。主に事務局の担当者の努力に負うところが大きいが、僕自身も多少のお手伝いはできたかもしれない。

年の終わりに、この一年の動きをまとめてみたい。


続きを読む "敬和学園大学における2010年のソーシャルメディア利用" »

2010/12/29

Youtubeで特定アーティストの曲を連続再生するUwall.tv

動画を検索してみるという能動的な視聴で、見つかるコンテンツには事欠かないが、アーティストを選んでそのままエンドレスで再生するというような、いわゆる「ダラ見」のためのサービスは、なかなか確立されていないように思う。この「ダラ見」のための新しいサービスが、Techcrunchで紹介されていた、Uwall.tvというサービス。

uWall.tv | Listen to a Wall of Music

uWall.tv | Listen to a Wall of Music

Uwall.Tv、使えばYouTubeが自分専用のMTVに姿を変える

これはアーティストないし曲名、あるいは音楽カテゴリを指定してYouTubeのビデオを再生できるサービスだ。そう、まるでVevoのようなことができるわけだ。さらに検索内容はプレイリストとして扱うことができ、画面上に再生リストが表示される。また、このリストをTwitterやFacebookで共有することができる。

いったん再生を始めると、リロードの必要もなく検索の結果が次々に再生される。フルスクリーンモードでも通常表示モードでも利用することができる。Vaggiは、さらにカテゴリを細かく分類して、アーティストや楽曲名に加え、アルバムのリスト表示も行おうと考えているようだ。

残念ながら日本語での検索ができないのだが、日本のアーティスト(あるいは中華圏、韓国のアーティスト)も、アルファベットで入力してやると、それなりにヒットする。ソーシャルメディアへの投稿ボタンは、個別の動画についてはFacebookへの投稿ボタン、リスト(検索結果)にはFacebookとTwitterへの検索結果が出てくるようだ。

類似のサービスは過去にもあったが、一度再生を始めたらあとは何も操作しなくてもよいというのは、他にあっただろうか。2008年に終了した、はてなの「Rimo」というサービスが、この方向を目指していたような気がするが、自動再生はなかっただろうか?

はてなの動画サービス「Rimo」終了 「役割果たした」 - ITmedia News

実際には音楽に限らず、Youtubeを検索した結果を準に再生するので、たとえば、「NSMC」「Niigata Social Media Club」というような検索でも、一連の動画を連続再生することが可能だ。

2010/12/27

今買うべきCanonのインクジェットプリンタを検討

HPのPhotosmart C7180 all-in-oneが壊れてしまったので、新たなプリンタの導入を検討してみた。修理してもいいのだけれど、このプリンタは純正のインクしか使えないなどランニングコストが非常に高いので、思い切ってCanonプリンタの購入を検討してみた。

ポイントは二つ。1)無線LANが使えること(iPhoneから直接出力するEasy PhotoPrintも使いたい) 2)写真印刷が効率よく安くできること。


続きを読む "今買うべきCanonのインクジェットプリンタを検討" »

2010/12/25

大量の写真をビデオ化してくれるPummelvision

今日Techcrunchの記事を見て、「おお!」と思ったが、実は百式で紹介済みだったサービス。Flickr、Facebookなどから写真を取り込んで、簡単にビデオに仕上げてくれる。

Pummelvision

YouTube - My Pummelvision


Flickr、Tumblr、Facebookなどからあなたの走馬燈的ビデオを作ってくれる『Pummelvision』 - 100SHIKI ~ 世界のアイデアを日替わりで

人生は走馬燈のごとし: Pummelvisionはあなたの大量の写真をビデオ化してくれる


続きを読む "大量の写真をビデオ化してくれるPummelvision" »

2010/12/24

まちカフェ・りんくで「よるカフェ」:鈴木学長が一日マスターに

12月22日、新発田市で敬和学園大学が運営する「まちカフェ・りんく」で、初めてのよるカフェが開催された。まちカフェ・りんくは現在、共生社会学科の学生たちを中心に、ランチ中心の運営をしているが、今回初めて夜の営業を行い、鈴木佳秀学長が、「一日マスター」をつとめた。

Yoru Cafe (Night Cafe), Machi Cafe

続きを読む "まちカフェ・りんくで「よるカフェ」:鈴木学長が一日マスターに" »

留学生主催の餃子パーティ

12月21日に、新発田市の地域交流センターで、敬和学園大学の留学生が主催する餃子パーティが開催された。

Dumplings Party 20101221

続きを読む "留学生主催の餃子パーティ" »

2010/12/18

同志社で2月開催:情報処理学会EIP研究会への投稿募集

来年2月10日開催の情報処理学会電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP)。
京都・同志社大学今出川キャンパスで開催される、次回研究会の投稿募集の締め切りが近づいている。
今回はポスターセッションも予定されており、若手も比較的気軽に発表できる形式になっている。

今回の主な幹事役は徳島文理大学の橋本誠志先生だが、一戸も幹事をやっているので、ご関心をお持ちで、質問などがある方はお気軽にお問い合わせください。


EIP研究会

日時: 2011年2月10日(木) テーマ: 知的財産,デジタルコンテンツ,スマートシティ※,及び一般 場所: 同志社大学寒梅館KMB211教室 〒602-0023 京都市上京区上立売通室町西入御所八幡町103

続きを読む "同志社で2月開催:情報処理学会EIP研究会への投稿募集" »

2010/12/17

「情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢」のこれから

4年間運営をお手伝いしてきた「情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢」、昨日の会議で新しい運営体制について討議された結果、次回から一戸が運営委員長をやらせていただくことになった。

情報セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢

スタートから10年が過ぎ、スタッフの若返りを図ろうという流れの中で、決して若くない自分が運営委員長の仕事をさせていただくのも座りが悪いのだが、地元新潟組からだと他に候補者がいないというお話もあり、「ローカルホスト」役をお引き受けすることにした。

新潟に来て、越後湯沢WSの仕事をさせていただくようになったものの、普段の仕事は逆に「情報セキュリティ」と縁遠くなっていたので、これを機にきちんとキャッチアップしていこうと思う。さいわい、業界の最前線で活躍する人々が周りを固めてくださっているので、過度に気負うことはなく、まずは裏方として、きちんとイベントを支える仕事をしていきたい。

時代の変化の中で、越後湯沢WSのような地方開催のセミナーを巡る環境も、変化している。この点、スタッフミーティングで何度も議論してきたが、結局、セキュリティ業界の方々の関心にこたえるテーマを設定し、適切な方に講師をお願いするという、「王道」がもっとも大事だという結論になった。「わざわざ」越後湯沢まで行きたいと思わせるようなワークショップとなるよう、中身の充実を図るとともに、越後湯沢という土地にも親しんでいただけるような、特徴あるイベントにしていきたい。

これまで運営委員長として、長きにわたり越後湯沢WSを献身的に支えてこられた、新潟大学法学部の須川賢洋先生は、2010年の大会を最後に、退任されることになった。これまで4年にわたり、須川先生のご苦労を拝見してきただけに、自分に同じことができるだろうかというのが、正直な思いだ。長きにわたるご努力に敬意を表するとともに、これからも何かと相談に乗っていただけたらと思う。

なお、今年2010年のWSでは、10人ほどの敬和の学生たちが、スタッフメンバーとして働いてくれた。私からみたらいろいろ指摘したい点はあるのだが、社会人スタッフの皆さんにはいろいろ声をかけていただき、彼らの努力を最大限ほめていただいた。このこともまた、私が今回新しいお役目を与えていただく背景にあるはずで、「人に仕える」敬和生の力に、深く感謝したい。

2011年の越後湯沢WSは、10月6-8日の日程での開催を予定している。ぜひ皆さんご予定ください。


2010/12/15

Brightkiteがチェックインサービスから撤退

位置情報サービスのパイオニア、Brightkiteが、チェックインサービスから撤退するようだ。

Brightkite

チェックインサービスの先駆者”Brightkite”がチェックインから離脱 – IT / テクノロジー | TechDoll.jp

BrightkiteはFoursquareよりも先に始まったチェックインサービスだけれど、今では500万ユーザを突破した後発のFoursquareとの競争に苦戦。今年に入って共同創設者のMartin May氏とBrady Becker氏が去り、Brightkiteはモバイルのグループメール機能に集中していく。今年9月の時点で、この事業がいちばん伸びている事業だったそうなので、自然な判断と言えそう。

このブログでは、Brightkiteのカテゴリーまで作っていたのだが、すでにここ数カ月、ほとんど利用していなかった。位置情報系のサービス、日本のユーザの間の評判では、Foursquareが圧倒的に支持を得ており、そこに日本語サービスのロケタッチが割って入ってきているという状況だろうか。いろいろサービスが出てきているが、「チェックインして何かいいことあんの?」というのが、一般ユーザの偽らざる感想であろう。したがって「チェックイン」にとどまらず、その先のメリットをどのように出していくかが、今後競争の行方を決めていくはずだ。

Facebookの台頭が顕著に:世界のソーシャルネットワーク勢力図

Akkyさんのブログが、イタリアのソーシャルメディア評論家Vincenzo Cosenzaさんによる「世界のソーシャルネットワーク勢力図」を紹介している。



World Map of Social Networks


秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ : 世界のソーシャルネットワーク勢力図が更新(2010冬版)

前回の地図では、131ヶ国中111ヶ国でフェイスブックが首位となりましたが、半年経った今回は、132ヶ国中の115ヶ国がフェイスブック1位の国となったようです。新たにフェイスブックに加えられた4ヶ国は、

ハンガリー: Iwiwから奪取
ポーランド: Nasza-Klasaから
モンゴル: Hi5から
パラグアイ: Orkutから
ということで、東欧などこれまでFacebookが広がってきた領域の境界にある小国での変化があった、と言えると思います。アルメニア・グルジア・オランダでは、Alexaでの結果とGoogleでの結果が異なったということで、半年後はFacebookの版図となっているのかもしれません。

Facebookがあまり強くない大国、ロシア・中国・日本・ブラジル等では、前回と同じプレイヤーが首位を守っています。


続きを読む "Facebookの台頭が顕著に:世界のソーシャルネットワーク勢力図" »

2010/12/14

ジュリアン・アサンジ 「なぜ世界にWikiLeaksが必要なのか」

数日前に出た以下のGigazineの記事。

Wikileaksはなぜ世界中の国家を敵に回そうとしているのか? - GIGAZINE

Wikileaksの狙いを非常に丁寧に分析しているのだが、TEDでのアサンジ氏のインタビューが後半に引用されていることに気付いた。探してみると、今年の7月にアップロードされたビデオが見つかった。このビデオは日本語訳を選択して、字幕付きで見ることができる。


2010/12/13

Yahoo! Japan 2010検索ワードランキング

Yahoo! Japanが毎年発表する検索ワードランキング。すでに11月末に発表になっていたものだが、たまたまTwitterで流れてきて、のぞいてみた。昨年までは年末恒例の「忘年会議」というイベントでランキングが披露され、何かと話題になっていたのだが、今年はイベントがなかったためか、これまで気がつかなかった。

2010検索ワードランキング - Yahoo! JAPAN

3年連続1位の「YouTube」はさすがの一言。「Google」「Amazon」が順位を上げていますが、2010年最大のブレークは、圏外から一気にトップ10入りした「Twitter」でしょう。同じく圏外だった「Facebook」も着実に検索数を伸ばしており、ソーシャルメディアへの注目が高まった1年でした。

続きを読む "Yahoo! Japan 2010検索ワードランキング" »

Sankei Express [EX]:サンケイエクスプレス

昨日、情報ネットワーク法学会に参加してきた。最後のセッションは、メイン(?)のクラウドセッションではなく、第二分科会の「見えてきたか? ネット・ジャーナリズムの姿」に参加した。実は、クラウドに近いご専門の高名な先生方も、何人か第二分科会にいらしていたのだが。

このセッションでの議論については、Twitterでそこそこ実況したし、いずれまとめたいと思っている。パネラーの産経新聞池田証志さん(Web面のなかの人)にいただいたのが、Sankei Express。新潟で売っていないせいか、僕は見かけたことがなかったが、産経新聞のタブロイドサイズの日刊紙。2006年11月創刊だそうだ。従来のタブライドとは異なり、内容は上品で、ひとつひとつの記事はコンパクト。1部100円で、月ぎめだと2,100円(税込)。

Sankei Express

SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス): EXとは

タブロイド紙SANKEI EXPRESSさんの「EXcite 創刊!!」:イザ!

新聞離れが進む中、紙の進化形としては、なるほどのフォーマットになっているとは思う。ただ残念ながら、この方向に進むと、R25のようなフリーペーパーの影がちらつく。中を見ても、コンパクトながらわかりやすい解説記事やコラムもあるのだが、、、カジュアルなR25が無料で配られていることを考えると、100円でこれを買わせるのはなかなか大変だろう。こうした試行錯誤の先に、iPadで読みやすいフォーマットが出てくるような気もするが。

首都圏では7日間の試読ができるそうで、そういえば、誰かがブログに7日間だけ取ってみたという記事を書いていたような気がする。「サンケイエクスプレス」とGoogleで検索すると、「他のキーワード」に「サンケイエクスプレス 解約」と出た。

2010/12/08

NHKがYoutubeに公式チャンネルを開設

NHKが6日、Youtubeに公式チャンネルを開設し、200本ほどの番組の配信を始めた。

YouTube - NEPYOU さんのチャンネル

YouTube - NEPYOU さんのチャンネル

NHK「ユーチューブ」で番組配信―ドキュメンタリーやアニメ : J-CASTテレビウォッチ

NHKのバラエティ豊かな番組がYouTubeでフルに視聴できる「NHK番組コレクション」 : ライフハッカー[日本版]

YouTubeに「NHK番組コレクション」開設 - NHK自らがノーカット動画を公開 | ネット | マイコミジャーナル

親しみを持ってほしい、実験したい--NHKがYouTubeにノーカット番組を配信する理由 - CNET Japan

「NHK特集」などYouTubeで無料配信 「権利処理された映像を見る習慣を」 - ITmedia News

続きを読む "NHKがYoutubeに公式チャンネルを開設" »

EOS 60Dのモニターキャンペーン終了

AMNさんのキャンペーンで、EOS 60Dを使わせていただいた。ちょうどあわただしい時期で、天気のよい日も少なかったので、存分に試せたとは言い難いものの、ワンランク上のカメラの性能を試すことができた。

Kissシリーズを使っている僕からすると、60Dはワンランク上で、ボディもずしりと重かったが、一世代前の50Dに比べると、幾分レベルと価格を下げて、少し高めのエントリーモデルというのが、60Dの位置づけのようだ。ボディも本体のみで675g。Kiss X4の475gに比べたら重いものの、50Dよりは少し軽くなり、小型化した。

だいぶこなれてきたので、狙っていた人には、買い時と言えるかもしれない。


2010/12/04

My First Aomori: 東北新幹線、新青森開業

本日12月4日、いよいよ東北新幹線、新青森駅が開業する。JR東日本は「My First Aomori」というキャンペーンをやっているらしく、(新潟にいるとあまり気づかないが)東京のJRの駅にはそこらじゅうにポスターがはられていた。

今日見たニュースによると、青森までの東北新幹線というのは、整備計画ができてからすでに38年過ぎたのだそうだ。僕が生まれてすぐに、計画段階にはなっていたということになる。1982年には盛岡までの新幹線が開業し、青森はその後も長らく、新幹線のない遅れた県としての地位に甘んじてきた。僕が子供のころ、この問題の解決は大きな政治課題で、県出身代議士の政治力のなさを原因として指摘する声がしばしば聞かれた。

というわけで、僕にとって東北新幹線の話題は、「県民の悲願」というような悲壮感漂うウェットなイメージなのだが、いよいよ開業間近となり、だいぶ雰囲気が変わってきた。JR東日本のイメージキャンペーンは、夏のさわやかな季節の映像ばかり。見慣れた青森の風景も、とても魅力的に映し出している。ヒロイン役の岸本麻依さんは、青森県内の高校2年生だそうだ。典型的な青森風の顔立ちではないような気もするが、とてもよいイメージで、青森の女性の評価を高めているように思う。Youtubeにもたくさんの動画がアップされている。

Naverまとめにもページがあった。
岸本麻依の写真、画像【CMヒロイン】 - NAVER まとめ

動画へのリンクは、JR東日本の公式のページにはっておく。同様の動画が多数Youtubeにもあがっていて、おおむね好評だ。
JR東日本 | MY FIRST AOMORI | TVCM・ラジオCM

最新版は「デート編」で、Webでの先行リリースだそう。

新幹線開業が青森県の発展につながるのかどうか、あまり期待しすぎてはいけないと思うが、青森県のイメージは格段に良くなっているようだし、出身者としては素直にうれしく思う。

2010/12/02

新潟美人時計リリース(今のところWebのみ)

10月から11月にかけて撮影が行われていた美人時計の新潟バージョンが、今日リリースされた。

bijin-tokei(新潟版)official website / Japanese Ver.

bijin-tokei(新潟版)official website / Japanese Ver.

今のところ、iPhoneアプリやデスクトップガジェットはなく、ブラウザで見るWeb版のみ。
新潟の見慣れた風景を背景にした写真ばかりだ。

関連記事:
新潟美人時計撮影会: ICHINOHE Blog

【追記】
コメント欄で教えていただいたが、iGoogleのガジェットもリリースされている(20101203)

Gadgets | bijin-tokei(美人時計)official website

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

log