« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/26

越後亀紺屋のiPadカバー

昨日9/25、新潟県人会大交流祭にて、越後亀紺屋さんのiPadカバーを購入した。

越後亀紺屋 嫁っこ修行中 : ipadカバー 明日発売!!

このipadカバー、製作するに当たり本当に試行錯誤しました。
色や形、何度も何度も試作品を作りながらようやく生まれた製品です。
染屋ですから色には絶対妥協はできないし、形だって勿論そう。
苦労した分、仕上がりは満足のいく物となりました。

生地はやはり丈夫な刺子。
ちょっとした衝撃や汚れなどから本体を守ってくれます。

使用した紐は柔らかな鹿の革。
大人の高級感もあり、自慢したくなる逸品だと思っています。

僕も標準のピンクを購入した。

越後亀紺屋のiPadカバー

これまでiPadには特にカバーをつけないでいたが、待ったかいがあってすばらしいものが手に入った。これでiPadを持ち歩くのがさらに楽しくなりそうだ。

越後亀紺屋さんでは、このほか、iPhoneにあったケースも販売していた。こちらは @yutacar さんと @yomekko さんが、Twitterでやりとりしながら改良を重ねて完成させた商品。こちらもtwitterを通じて、結構うわさが広がっていたらしく、かなり早いペースで売れていた。こちらも今度買ってしまいそう。

続きを読む "越後亀紺屋のiPadカバー" »

にいがた美醸発足1周年記念パーティ

9月24日、日本酒を楽しむ女性たちのコミュニティ「にいがた美醸」の一周年記念パーティにおじゃましてきた。本当は東京で出席すべき会議があったのだけれど、夕方まで大学で履修相談があったので、上京は無理と判断して、こちらにお邪魔することにした。

「にいがた美醸」は、素人きき酒師を自称するカズエさんが作ったグループで、女性だけで酒蔵を訪ねる、女性だけで日本酒を楽しむといった活動を、新潟市などで実施している。

Niigata Bijo / 新潟美醸 1st Anniversary Party 20100924

1周年といって思い出したが、彼女に最初にお会いしたのが、@shimizu_saketen さん主催の麒麟山「麟辛」お披露目クルーズ。これが昨年の10月なので、にいがた美醸がスタートしてすぐに、船の上でお会いしたということになる。

今回は1周年記念ということで、普段の女性会員のほか、県内の酒蔵などからいろいろな方がおいでになっていて、いろいろお話しすることができた。新潟ソーシャルメディアクラブでお世話になった、スワンレイクビールの古田常務にもお会いできた。ビールも日本酒も、NSMCの新しい企画で、ぜひご一緒したいとお話しした。

酒蔵さんからは日本酒が多数提供された。さすがに飲みなれているメンバーばかり、一升瓶が並ぶエリアには、ひっきりなしに人が集まっていた。

髪飾りとして「ます」をつけていたカズエさん。

Niigata Bijo / 新潟美醸 1st Anniversary Party 20100924

新潟に限らず、酒蔵さんにとって、日本酒の女性への浸透は大きな課題。カズエさんたちの活動には、きっと多くの支援がすでにあるはずだと思うが、もっともっと注目が集まってもいいように感じた。

2010/09/22

長野県飯山市の奈良沢神社例大祭:松明を振り回す大天狗

先週末、長野の飯山市で行われる奈良沢神社例大祭に行ってきた。
飯山の奈良沢には母の実家があり、子供のころは毎夏訪れていた。
奈良沢神社のお祭りは、大天狗が松明を持って乱舞することで知られている。毎年この時期の開催なので、小学校に入ってからは訪れる機会はなかったことになるのだが、幼少のころに見た、強烈な印象は今も心に残っていた。というわけで、30数年ぶりに、その、インパクトの強いお祭りを見てきたということになる。

新潟に移ってきて、飯山を訪れるのは何回目だろうか。飯山には、子供のころのような賑やかさ(というのも子供の感覚だが)はもはやなく、非常に静かな過疎の街という感じになっているのだが、今回祭りのときだけは、幾分にぎやかであった。

暗い中でのお祭りなので、撮影は難しかったが、大天狗が松明を振りまわして大きな火が夜空に広がるシーンは、フラッシュをたかずとも、迫力あるシーンを、そのまま写しとることができた。

奈良沢地区を天狗、獅子その他サポートの若者たちが練り歩く際に、何か歌を歌っていたのだが、どんな意味の歌だったのか。今度詳しく調べてみたい。



関連記事:
奈良沢神社秋祭り……大天狗の火の舞|谷街道の宿場町「いいやま宿」… 「いいやま箱店屋横丁」通信
奈良沢神社秋祭り……豪快な大天狗の舞い|箱店屋横丁大家の店番日記

2010/09/19

毎日新聞の「自治体Twitter」に関する記事でコメント

本日付毎日新聞朝刊北海道版に、以下のコメントを掲載していただいた。
北海道でしか読めないかと思ったが、ウェブにも掲載されていた。

サンデー・トピックス:自治体もツイッター活用 道内は7市町開設 /北海道 - 毎日jp(毎日新聞)

ツイッターに詳しい敬和学園大(新潟県)の一戸信哉准教授(情報法)は「ツイッターはネット利用者に、公平かつ迅速に情報を伝達できるメリットがある。しかし、観光客誘致や移住促進などの目的を達成するのは簡単ではない」と指摘。「担当者は自らの話題だけにこだわらず、別の利用者がふりまく話題にも反応するような、人間味あふれる存在でなければ読者は増えない。自治体も担当者を信頼し、現場の判断で発言できる環境をどこまで作れるかが重要」と話している。

夜中に依頼が来て、寝る前に思いつくままに返事をしたものをベースに、記者の方がまとめてくださった。これから自治体がアカウントを開設して、ウェブで提供するような情報をフィードで流してみたところで、縁もゆかりもない人にフォローされるとは、正直思えない。今回コメントを求められて、がばったーを見てみたらそれなりに頑張っている自治体も多いように思うが、どこまで「軟式」でがんばれるか、どこも悩みながら取り組んでいるように感じた。

[ がばったー ] 政府/地方自治体のオープンガバメントへの取り組み

目標とするところが、住民への情報提供を超えて、「観光客誘致」「移住促進」といったことに向けられているとするならば、担当者のがんばりや覚悟がかなり必要だ。アカウントを開設してみたというだけで、今から効果を上げるのは、容易ではない。陸別町は先行者利益があるとみるべきだろうし、札幌をはじめ、最初から多くの人が注目している地方都市には、フォロワーがつきそうだ。だが、知名度のない小さな町がこれからスタートする場合には、Twitter上の話題に積極的に関わっていく姿勢がない限り、なかなか注目してもらえるようにはならないだろう。

ということを、北海道の記者の方に申し上げながら、最近スタートした新潟県のアカウント @niigata_press をあらためて確認した。担当者の今後のがんばりと、組織としての覚悟、環境づくりに、期待したいと思う。

新潟県広報広聴課 (Niigata_Press) on Twitter

2010/09/17

地図上にFlickrの写真を表示するFlickr Photo Map

今日App Bankが紹介した以下のiPad/iPhoneアプリ。Flickr上で写真につけられた位置情報(geotag)を読み取って、地図上に表示してくれる。これはかなりのインパクト(その割にはまだあまり話題になっていないが)。ユニバーサルアプリ(iPad/iPhone共通)で、150円の有料アプリ。

リンク: [iPad, iPhone] Flickr Photo Map: 地図に現れる美しい写真で世界を旅しよう。.

世界地図の上にFlickrの写真が次々と表示されていきます。地図を拡大すればその地域の写真をさらに表示します。

まるで写真を探して地球というディレクトリの中を奥へ奥へと進んでいくようです。

興味を引く写真はすぐ拡大して表示でき、Flickrのページにもアクセスできます。

続きを読む "地図上にFlickrの写真を表示するFlickr Photo Map" »

稚内北星学園大学のはてなダイアリー

前任校の稚内北星学園大学が、学生の様子を伝えるブログを始めたことを知った。

稚内北星学園大学


8月下旬からスタートしていたようで、選ばれたのははてなダイアリー。以前に比べGeekな学風(?)はかなり弱まったと感じていたが、ここではてなダイアリーに行くあたりは、wakhokらしいところと言えるだろう。それなら自分たちのドメインに作るだろうという声もあるだろうが、事務方に「はてな記法」を操らせようというのはやはりwakhokらしいと思う。ついでにTwitterも、とはいかないのかな?

先日行われた10周年記念式典の様子についても書かれていた。

稚内北星学園大学創立10周年記念式典・祝賀会 - 稚内北星学園大学

岩本先生のブログで、参加者数が比較的多かったと書かれていたが、なるほど写真にもたくさんの来場者が写っていた。

カムチャツカの雪: 大学10周年記念式典

前任校の様子を垣間見るチャンネルが、ひとつ増えた。これからが楽しみだ。

2010/09/03

ロケタッチ:オリジナルシールの提供が可能

2010年8月28日に開催されたWISH2010では、ライブドアの位置情報サービス「ロケタッチ」についてのプレゼンも行われた。

ロケタッチ | ロケタッチ

ロケタッチはFoursquareライクな位置情報サービスで、自分の行った場所にチェックインし、たくさん同じ場所を訪れると「リーダー」(Foursquareでいうmayor)になり、友人をフォローできるというもの。また、ときどきチェックインした直後に「シール」(Foursquareでいうバッジ)が提供される。

Twitraqの解析によると、Foursquareはそれなりに新潟などの地方でも普及しているが、ロケタッチは今のところ東京に集中しているようだった。

基本機能はFoursquareとほとんど同じ。マップの中で、チェックイン回数が多い場所のアイコンが大きくなるぐらいか。ただ、画面のテイストは日本人っぽい作りで、メニューも日本語、LivedoorのIDを持っていれば登録なしというのは大きな違い。また、iPhoneだけでなく、日本の携帯にも対応しているというのも大きい。敬和の学生たちには、授業でLivedoor IDを作ってもらっているので、理論的には全員ロケタッチを使い始めることができるということになる。

もちろん、ガラケーユーザで、こうした位置情報サービスの趣旨を理解して、面白がって使い始める人がどれぐらいいるのかという気もする。ただ、Foursquareに比べて、圧倒的に敷居が低いというのは、間違いない。

この日のプレゼンで発表されたのが、場所に紐づけたシールの提供。WISH2010では、当日会場となったベルサール六本木にチェックインした人に、「ねがい」という名前のWISHのロゴが「シール」として提供された。

「ねがい」シール | ロケタッチ

このように、お店や施設のオーナー、イベントの主催者の提案により、シールを提供するという。「あの店にくれたらこんなバッジが貰えた」というような口コミで、ロケタッチユーザのチェックインが増えたら、というところか。新潟でも、NSMCの皆さんの働きかけにより、いろんなところで「シール」が提供されるようになると楽しそうだ。

2010/09/02

Twitter解析ツールTwitraq:アカウントの解析だけでなく、各キーワードの新潟での浸透度もわかる

WISH2010で、@kansai_takako さんが紹介していたTwitterの解析ツールTwitraq。

Twitter アクセス解析「TwiTraq」:無料で発言や反応、キーワードを保存

すでに7月にIDEA*IDEAで紹介されているのを見て、一度試していたのだが、正直それっきり忘れていた。

ツイッター分析ツールの決定版!『TwitTraq』が遂にリリース! - IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ

自分のアカウントでログインすると自分のTL上での話題を解析したり、ユーザの都道府県分布、性別などの推計が出てくる。Userlocalはなかのひとやまちツイで、似たようなサービスを提供していて、正直それほど新しい要素はないのだが、自分のアカウントの傾向を知るには良い。自分のフォロワーを解析すると、新潟にかなりに集中してきていることがわかった。あとは、東京と青森が多い。

このほかキーワードの解析サービスもあり、特定のキーワードが他にどんな言葉とともに語られているか、また、性別、都道府県ごとの分布がわかる。途中Foursquareの解析結果が紹介されていたが、九州や東京のほか、新潟での発言回数が多いことが見てとれた。どうも新潟のFoursquare普及率は高いようだ。ロケタッチは東京に集中していた。

会場でもっともウケていたのはこれ。
WISH 2010, Roppongi, Tokyo
ラブプラスの三人の彼女のうち、女性に人気があるのは「リンコ」のようだ。

最初使ってみた時には考えもしなかったが、都道府県ごとの浸透度を見ることができるというのは、マーケティングツールとして非常に面白い(Twitterの解析であるから、市場としては限定的なものでしかないのだけど)。僕自身イベントの企画を考える際に、新潟での浸透度を見るのに使ってみようかと思っている。

当日の@kansai_takakoさんのプレゼンは以下の動画から。

Gmailが重要メールだけを取り出して表示するPriority Inbox機能を提供

Gmailが英語ページのみのベータ機能として、Priority Inboxという機能をスタートさせた。先ほど英語ページに切り替えてチェックしてきたが、僕のGmailにはまだ表示されなかった。順次提供されるようだ。日本語版が出ていないので、日本語訳がどうなるかはまだわからないが、「優先受信トレイ」とでもなるだろうか。

グーグル、Gmailの新機能「Priority Inbox」を発表--ルール設定不要でメールを振り分け - CNET Japan

GmailにPriority Inbox〔重要メール受信トレイ〕導入―これは天の恵みだ

簡単にいえば、Googleは「ユーザーにとって重要なメールを自動的に選び出し、受信トレイのトップに表示する」仕組みを作った。 重要メール以外のメールも従来どおりそのまま受信トレイに入っているが、ユーザーはメルマガやプレスリリース、注文の確認などの山からダイヤの原石を選り分ける作業をしなくてすむようになる。

相手先ごとに、過去にメールが開封されているか、返信されているかといったデータをもとに振り分けをしているようで、特に何かしなくとも、優先されるべきメールを、Gmailの基準で取り出してくれる。スパムフィルターのように大事なメールが失われるわけではない(が、Priorityしか読まなくなったら同じことだけど)。

以下の動画は、どんなことが起こるのか、非常に分かりやすく表現している。

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

log