« 麒麟山「麟辛」お披露目クルーズ | トップページ | GREEがTwitter類似の「ひとこと」を導入 »

2009/10/26

「小学五年生」と「小学六年生」今年度で休刊

小学館は今日、「小学五年生」と「小学六年生」を今年度いっぱいで休刊することにしたと発表。

リンク: 小学館:「小学五年生」と「小学六年生」今年度で休刊 - 毎日jp(毎日新聞).

ピークの73年4月号では「五年生」が63万5000部、「六年生」が46万部を記録したが、近年は両誌とも5万~6万部と低迷していた。

ある種の感慨がないわけではないが、むしろ公称部数5万~6万でよく続いていたというべきか。今日学生たちに速報的に話したけれども、ポカンとしていた。今の大学生にとっても、「小学○年生」は思い入れの対象になっていないように思う。 

学年別学習雑誌は創業者、故相賀(おおが)武夫氏の肝いりで創刊され、小学館の基幹事業と位置づけられてきた。同社広報室は休刊の理由を「近年、特に小学 校高学年の学習環境の変化は急激であり、ゲームやスポーツなど趣味や嗜好(しこう)の多様化も進んだ。男女の性差も顕著になり、読者ニーズに必ずしも合致 しなくなってきた」などと説明している。「小学一~四年生」の各誌は刊行を続けるが、内容の見直しと改革を進めるという。

そんな急速だったのかどうかはよくわからない。今の大学生が小学生だった時に、すでに趣味や嗜好は多様化し、男女の性差も顕著だったような気がしなくもない。いずれにせよ、「小学館」にとっての基幹事業が、一部休刊ということになった。

ある種の感慨はあるけれども、この時代に、子どもから携帯やゲームをとりあげて、雑誌を読ませればいいとは決して思わない。携帯、ネット、ゲームとの付き合い方をきちんと教える方が(大人が教え方を模索するほうが)、ずっと現実的であるように思う。

« 麒麟山「麟辛」お披露目クルーズ | トップページ | GREEがTwitter類似の「ひとこと」を導入 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52760/46591631

この記事へのトラックバック一覧です: 「小学五年生」と「小学六年生」今年度で休刊 :

« 麒麟山「麟辛」お披露目クルーズ | トップページ | GREEがTwitter類似の「ひとこと」を導入 »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

log