« マイクロブログ「Pownce」が閉鎖へ | トップページ | 12月1日からANAクラウンプラザホテル新潟がスタートしていた »

2008/12/02

「一戸時計店」が弘前雪灯籠まつりの大雪像に

今日のアクセスログになにか変化を感じて調べてみた。
僕の父の実家である「一戸時計店」が弘前の雪灯籠まつりで再現されることになったそうだ。

第33回弘前城雪燈籠(どうろう)まつり運営委員会が1日、弘前市立観光館で開かれ、来年2月7日に開幕する祭りの実施計画などを決めた。四の丸イベント会場のメーンとなる大雪像は、同市土手町の一戸時計店を採用。現在とは違い“時計台”を備えた昔の姿を再現する。

昔の「時計台」を備えた時計台を僕は知らないが、父の版画作品や過去に父が撮った写真に残っている。僕にとっては、祖父母や親せきとの思い出の詰まった懐かしい場所だ。今年の2月は弘前にぜひ戻って、写真に収めたいと思う。




from shinyai


« マイクロブログ「Pownce」が閉鎖へ | トップページ | 12月1日からANAクラウンプラザホテル新潟がスタートしていた »

コメント

ちょうど誕生日。

Twitterで「一戸時計店」、、、というつぶやきを読んで、あれっつ?って思っていたらやはり家族の関係だったんですね。再現って楽しみですね。渋い写真の時計台、どんな風に再現されるのでしょうね?

地元紙をみて、「おっ!これは!!」と思いました。一戸時計店の古い時計台はさすがに私も知りませんが、こういう素晴らしい建造物が復元され、後世に伝えられることは、友人の一人としてなんだかちょっとした誇りです。2月にお会いできたらいいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52760/43299979

この記事へのトラックバック一覧です: 「一戸時計店」が弘前雪灯籠まつりの大雪像に:

« マイクロブログ「Pownce」が閉鎖へ | トップページ | 12月1日からANAクラウンプラザホテル新潟がスタートしていた »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

log