« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008/12/27

音楽配信サイトのナタリーが「コミックナタリー」開始

音楽配信サイトのナタリーが、サイトをリニューアルし、新たにコミック版もスタートさせた。

リンク: ナタリーがサイトリニューアル。新たに「コミックナタリー」開始.

ナターシャが運営する音楽ニュース配信サービス「ナタリー」は、12月25日にサイトリニューアルを実施した。1クリックで好きな情報を追いかけられるウォッチ機能を搭載したほか、新たにコミックニュースを配信する「コミックナタリー」を開始する。いずれもユーザー登録のみで無料で利用できる。

音楽版のナタリーについては、アーティストや個別のトピックだけでなく、ほかのユーザもウォッチリストに入れることができるようになったようだ。つけるマークは金平糖。ちなみに、アーティストごとにフィードが出ていて、RSSリーダで特定のアーティストの情報を取得できる機能がある。以前学生に教えたら好評だったのだが、今回のリニューアルでより見えにくくなったような気がする。

続きを読む "音楽配信サイトのナタリーが「コミックナタリー」開始" »

「新聞の危機」と寄付モデル

朝日に続き、毎日・産経も赤字転落との記事。J-CASTが報じている。

リンク: J-CASTニュース : 毎日・産経が半期赤字転落 「新聞の危機」いよいよ表面化.

   朝日新聞社の赤字決算が新聞業界に波紋を広げるなか、その流れが他の新聞社にも波及してきた。毎日新聞社と産経新聞社が相次いで半期の連結決算を発表したが、両社とも売り上げが大幅に落ち込み、営業赤字に転落していることが分かった。両社とも背景には広告の大幅な落ち込みがある。景気後退の影響で、さらに「右肩下がり」になるものとみられ、いよいよ、「新聞危機」が表面化してきた形だ。

毎日の場合、Waiwai問題がどの程度広告費の落ち込みに影響しているのかわからないが、業界全体で広告費が大幅に落ち込んでいるのは間違いないようだ。

僕よりも年配の人と話をしていると、「常識ある社会人は、毎朝新聞に目を通すものだ」ということを言う人に出会うことがあり、ニッコリ笑って受け流しているけれど、僕はもうとっくの昔にそんなことはやめてしまった。ニュースがパッケージとして一覧できるメリットもわかるし、全否定をするつもりはない。たぶんこの手の発言は、若者の「活字離れ」のことを言っているのであろう。それもわかる。

だけれども、この手の人たちと、電子的に読めるものをあえて紙でも読めるメリットについて、語り合いたいという気持ちは失せてしまうので、黙っていることにしている。

というわけで、僕の立場は中立的なものだけれども、2ちゃんねらーの意見はもっと過激で、「マスゴミ」不要論が飛び交っている。

続きを読む "「新聞の危機」と寄付モデル" »

2008/12/26

新しいソーシャルストリームサービスKakuteru.comを試してみた

東京在住のDominiek ter Heideさんがスタートさせたライフストリームサービス、kakuteru.comの招待が届いたので、設定してみた。今のところClosed Betaで、一般ユーザからの招待もできない。

shinyai's Cocktail - あちらのお客様からです。

ViewMore FromTagsCommentsSaveSendShare

from shinyai

続きを読む "新しいソーシャルストリームサービスKakuteru.comを試してみた" »

Brightkiteに投稿した写真をジオタグ付きでFlickrにも投稿可能に

Brightkiteへの写真投稿を、Flickrにフォワードできるようになった。以下の記事で知った。

リンク: 位置情報ソーシャルネットワーキングサービス「Brightkite」の可能性 - Tagchan's blog.

# TwitterとFlickrへのポストが可能

単独サービスではなく,Twitterへポストできる。また,Twitterへポストする際には,緯度経度などを入れることができ,カスタマイズが可能となっている。また,12月23日にはFlickrへアップロードできるようになった。写真をポストすると同時にジオタグが付与された形でFlickrへアップされる。

このようなメジャーなサービスの連携は,ユーザの裾野を広げるために非常に重要である。色々な似たようなサービスであるが,同じ作業をするのは煩雑である。

設定は、Brightkiteの「Account Settings」→「Sharing」から可能だ。


from shinyai

続きを読む "Brightkiteに投稿した写真をジオタグ付きでFlickrにも投稿可能に" »

2008/12/16

腹をくくった産経新聞:iPhone向けアプリを公開

先週、産経新聞のiPhoneアプリが公開された。産経新聞


from shinyai

リンク: 産経新聞の全紙面がまるごと無料で読める--産経新聞、iPhone向けアプリを公開:モバイルチャンネル - CNET Japan.

 産経新聞は、産経新聞が無料で読めるiPhone 3G/iPod touch用のアプリ「産経新聞」を公開した。料金は無料。

文字情報としての産経新聞ではなく、紙面それ自体を読める状態だ。更新のタイミングは毎日午前5時だそうだ。iPhoneの画面では、全面表示で文字が判別できる状態にならないので、紙面の拡大縮小を繰り返す必要があり、そのたびに読み込みの時間がかかるので、決して読みやすいとはいえないが、一度ダウンロードするとオフラインでも読めるので、地下鉄に乗っている時などには重宝しそう。

稚内にいたころ、産経新聞は販売店がなく、購読した場合には何日かおくれて郵送されてくると聞いたことがある。全国に印刷所と販売店を確保するコストを考えたら、全部ウェブにしてしまえばコストは大幅に削減できるというのはまちがいない。いずれにしても、全国紙各紙の中で、ネットワークをもたない産経がまず腹をくくったという印象だ。

もちろん、今回はテストケースで、うまくいったら有料化に踏み切るのかも知れないし、無料モデルが確立したわけでもない。だが少なくともいえるのは、新聞を紙で配ってお金を取るモデルだけでは、おそかれはやかれ、限界がやってくるということであろう。

2008/12/10

FriendFeedが日本語、中国語などに対応。7言語対応に

ネット上に分散する自分の更新情報を集約するFriendfeedが、一昨日、突然多言語化した。日本語、中国語にも対応したので、これで学生にも紹介しやすくなった。もともと僕は、Japanizeを入れていて、それによって日本語化されていたのだけど。

リンク: 「ウェブ上の行動を少しソーシャルに」--FriendFeedが日本語サービス開始:ニュース - CNET Japan.

12月8日、「FriendFeed」が新たに6言語に対応した。これまでの英語に加え、日本語、簡体字中国語やフランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語の7言語からインターフェースを選ぶことができる。

 

FriendFeedは、ブログやTwitter、写真、動画のアップロードなど、オンライン上のあらゆる更新情報を1カ所に集めるサービスだ。FacebookやFlickr、YouTubeなど59のサービスに対応しており、各サービス上で友人と共有している情報をFriendFeedでまとめて楽しめる。

日本では、ソニーがLife-Xというサービスを提供していて、多少の違いはあるのだと思うが、考え方は非常に似ている。

Friendfeedを使うような層には「二番煎じ」と思われ、そうではない層にはなかなか浸透していないという印象だが、実際のところはどうなのだろうか。そもそも自分のフィードを集約するという考え方は、それなりにあちこちから情報を発信している人じゃないと理解できないので、Friendfeedが浸透するのも、Twitter以上に難しいかもしれない。

この数日は、日本人ユーザが僕のアカウントにsubscribeしてくれる人(Friendfeedはfollowではなくsubscribeという)は増えているように思う。これがいつまで続くか。

タレントIKKOがTwitterに登場

タレントのIkkoがTwitterに登場した。ユーザ名はIKKOStyle。Twiccoにもアカウントを作っていて、こちらはTwikko。TwiccoとかけてTwikkoなわけだ。

リンク: 日本初「芸能人Twitter」--IKKO氏がファンとの交流に活用:ニュース - CNET Japan.

Twitterの日本展開を支援するDGインキュベーションの枝洋樹氏によれば、芸能人がTwitterを公式に利用するのは日本初のことだという。IKKO氏は自らTwitterアカウント「IKKOStyle」を開設し、ブログと使い分けて更新していく。「ブログを読むと芸能人を身近に感じる。それがTwitterならもっと身近な存在になるだろう」(枝氏)。

ちなみに、Twitter上のikkoというのは、AMNのIkkoさん。ブロガーミーティングの会場でよくお会いする方だ。間違えないでほしい。というか、間違えてfollowが増えるのもうれしいハプニングだろうか。


2008/12/08

はてブ、Friendfeedに登場(が、まだ動作が変?)

はてなブックマークがFriendfedに登録できるようになった。このほか、百度なども登場した。僕の場合、Tomblooからの登録ができなくなったのではてなブックマークは止まってしまっているし、Friendfeed向けにはdeliciousからのフィードが流れているので、そんなに必要はない。

一応はてなのIDも登録してみたのだが、今のところ動作が変で、全体の新着ブックマークのようなものが表示されるようになる。


from shinyai

2008/12/04

12月1日からANAクラウンプラザホテル新潟がスタートしていた

昨晩は教職員の忘年会があったのだが、自宅に車を置いて歩いて会場に向かう途中で、ホテル新潟に新しいネオンがついているのを見つけた。



from shinyai

以前本ブログでも書いたが、ホテル新潟がANAホテルグループに入ることが決まっていたのだが、今月から正式に「ANAクラウンプラザホテル新潟」としたスタートしていたのであった。



ウェブに載っているのは、プレスリリースのみで、記事にはなっていないようだ

ドメイン名も変更されていて、hotelniigata.comでアクセスすると、新しいサイトに飛ばされる。

2008/12/02

「一戸時計店」が弘前雪灯籠まつりの大雪像に

今日のアクセスログになにか変化を感じて調べてみた。
僕の父の実家である「一戸時計店」が弘前の雪灯籠まつりで再現されることになったそうだ。

第33回弘前城雪燈籠(どうろう)まつり運営委員会が1日、弘前市立観光館で開かれ、来年2月7日に開幕する祭りの実施計画などを決めた。四の丸イベント会場のメーンとなる大雪像は、同市土手町の一戸時計店を採用。現在とは違い“時計台”を備えた昔の姿を再現する。

昔の「時計台」を備えた時計台を僕は知らないが、父の版画作品や過去に父が撮った写真に残っている。僕にとっては、祖父母や親せきとの思い出の詰まった懐かしい場所だ。今年の2月は弘前にぜひ戻って、写真に収めたいと思う。




from shinyai


マイクロブログ「Pownce」が閉鎖へ

Twitterの対抗馬、PownceがSix Apartに買収された。PownceはSix Apart参加のサービスとなるのかと思ったが、Pownceが閉鎖されるのだそうだ。



from shinyai

Pownceの社員のうち、二人がSix Apartに転籍する。

僕もPing.fmからPownceにポストしてきたが、Pownce自体はほとんど開くことがなくなっていた。ミニブログはTwitterの一人勝ちのようだが、JaikuRejawBrightkiteなども、これから厳しい局面を迎えるのだろうか。僕はどれもマルチポストの対象にしているけれども、普段ページを開くのはBrightkiteぐらいだ。

サービス停止に伴う措置として,現在のユーザー向けにエクスポート機能を用意した。これまでに投稿したすべてのメッセージをファイルにエクスポートし,Vox,TypePad,WordPressなどのブログ・サービスにインポートできる。また,Six Apartの公式ブログの投稿記事によると,Pownce Proのユーザーには,TypePadのアカウントが1年間無料で提供される。

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

log