« 2007年7月15日 - 2007年7月21日 | トップページ | 2007年7月29日 - 2007年8月4日 »

2007年7月22日 - 2007年7月28日

2007/07/28

Manycamを使って授業ができそう

Going My Way: Desktop の配信やウェブカメラのアバター機能などが利用可能な ManyCam.」読んで興味がわいたので、manycamを使って、ustreamでデスクトップ画面を流してみる実験をした。

ustream

続きを読む "Manycamを使って授業ができそう" »

GoogleReader絶不調

先日「GoogleReaderを便利にする15のFirefox拡張機能・スクリプト - GoogleMania | グーグルの便利な使い方.」という記事が出て、それを見ながらGoogle Readerにいろんな拡張機能を入れて喜んでいたのだが、どうも調子に乗りすぎたようだ。

続きを読む "GoogleReader絶不調" »

2007/07/27

私的録音録画補償金制度の対象範囲の拡大は、既定路線になったの?

私的録音録画補償金制度に関する文化審議会著作権分科会の議論は、僕がちょっと目を放したすきに(?)、補償金の対象範囲の拡大を前提に、方法論に関する議論に入っているかに見える。

リンク: 補償金の支払い義務者はメーカーとすべき、権利者団体が主張.

続きを読む "私的録音録画補償金制度の対象範囲の拡大は、既定路線になったの?" »

どこかで世界の人につながる可能性

はてなスターは、ココログに非対応だったので、僕は使っていないのだけど、近藤淳也さんが米国法人設立後の話とともに、はてなスターのコンセプトについて語っている。

リンク: 自己採点は60点? Hatena Inc.が過ごしたシリコンバレーでの1年間:インタビュー - CNET Japan.

続きを読む "どこかで世界の人につながる可能性" »

Moral Rights Forever? : 著作者人格権は永遠に存続?

池田信夫先生のブログのコメント欄で、三田さんの講演についての議論がまだ続いている。
リンク: 池田信夫 blog 三田誠広氏との噛みあわない問答.

なぜか途中で、「著作者人格権は消滅しない」という発言が出てきて、驚いたが、どうやら60条の著作者死後の人格的利益の保護についてもあわせて考えて、「著作者人格権は消滅せず、未来永劫残る」という理解になっているようだ。どうしてそういう理解になるのか、今一度考え直してみた。

続きを読む "Moral Rights Forever? : 著作者人格権は永遠に存続?" »

マレーシアのブログ規制問題

人種間の微妙なバランスを保ちながら発展を続けてきたマレーシアでは、人種間憎悪をHate Speechへの規制は、やむをえないものとして、受け取められる傾向にある。しかしこうしたマレーシアなりの「常識」もまた、少し変化しつつあるように思う。

リンク: BBC NEWS | Asia-Pacific | Malaysia cracks down on bloggers.

リンク: 誹謗中傷のブロガー告発も辞さず、ナズリ首相府相 | マレーシア発ニュース速報 | マレーシアナビ!.

続きを読む "マレーシアのブログ規制問題" »

2007/07/26

Gmailを高速にする方法

メールをGmailに一本化して数ヶ月がたった。

メール自体の使用頻度がかなり落ちたように感じているが、それは自分がちゃんと返事をしないからなのか、もともとそれぐらいしかメールがきてないのか、それともスパムがほとんどこなくなって、受信簿に入ってくるメールの総量自体が減っているからなのか、よくわからない。ただGmailの動作は、なんとなく遅い気がしてきていた。そこにタイミングよく、以下の記事が流れてきた。

リンク: Gmailを高速にする方法 - GoogleMania | グーグルの便利な使い方.

Gmailのチャット機能を使わないなら、Gmailの画面下の方に表示されるGmail の表示形式で、「通常の HTML 形式 (チャット機能なし) 」を選択。

Gtalkは、Gmailと一体になっているところが強みだと思っていたけれど、Gmail利用には足かせになっているわけだ。どっちにしてもあまりGtalkは使ってないので、まずはこの設定を試してみた。

結構軽くなった気がする。これならメールの返事も少しは早くなるだろうか?

あとはGrease Monkeyさんの取り扱いだ。

三田誠広氏の「パブリックドメインになれば、出版元がもうからない」という発言について

遅ればせながら、ICPFセミナーについての、IT Mediaの記事を読んだ。

リンク: 「100年後も作品を本で残すために」――三田誠広氏の著作権保護期間延長論 - ITmedia News.

「パブリックドメインになれば、出版元がもうからない」という発言があったとして、「意味不明」などとするコメントがはてブにずいぶん出ているようだ。ちょっと補足してみる。

続きを読む "三田誠広氏の「パブリックドメインになれば、出版元がもうからない」という発言について" »

NHK「東海村臨界事故」取材班『朽ちていった命―被曝治療83日間の記録』 (新潮文庫)

先日の中越沖地震の後、原発の安全対策について討論する番組で、言及されていた本。今日上越新幹線の中で、一気に読み終えた。胸がつまった。

1999年9月、茨城県東海村でおきた臨界事故で、大量の放射線を浴びた患者の治療記録。NHKでドキュメンタリーとして放送され、本になったものの文庫版。非常に貴重な記録だと思うが、こうして読者が興味を持ったとしても、NHKが再放送しない限り、僕らの目には触れることないわけだ(と思ったら、ニコニコ動画にのっているような形跡があるな。でも、心無い軽率なコメントが載ってるんだったら見たくないなあ)。

続きを読む "NHK「東海村臨界事故」取材班『朽ちていった命―被曝治療83日間の記録』 (新潮文庫) " »

Life堂は19日まで~Life関連イベントが続々 (文化系トークラジオ Life)

今日は午前中渋谷に出て、ブックファーストに行ってみた。欲しい本があったこともあるが、前にポッドキャストで聞いたTBSラジオLifeのブックフェアをのぞいてみようと思ったのが、わざわざ渋谷に出向いた理由だ。でも実はこのイベントは、19日で終わっていた。

リンク: Life堂は19日まで~Life関連イベントが続々 (文化系トークラジオ Life).

かわりにブックファーストでは、「ウィキノミクスを読み解く」というフェアをやっていた。

"Wikinomics" Book Fair

2007/07/25

情報通信政策フォーラム(ICPF): 第20回「著作者は著作権をどのように捉えているか」

昨日の情報通信政策フォーラムに参加し、きょう新潟に戻ってきた。

リンク: 情報通信政策フォーラム(ICPF): 第20回「著作者は著作権をどのように捉えているか」.

すでに池田信夫先生のエントリが話題になっている。ブログの中身もかなり手厳しいが、会場での辛らつさもいつも以上で、講演の途中に割って入っていた。

リンク: 池田信夫 blog 三田誠広氏との噛みあわない問答.

続きを読む "情報通信政策フォーラム(ICPF): 第20回「著作者は著作権をどのように捉えているか」" »

2007/07/24

ふつふつと思い出される存在、思い出す人

上越新幹線に乗って東京に向かっている。東京が近づいてくると、いつも当たり前に東京にいて、だからめったに連絡しなかった、亡弟のことが、またあらためて、ふつふつと思い出されてくる。彼はみなに先行して思い出される存在になったが、僕らも順番にひとしくみな「ふつふつと思い出される存在」となる。結果、長く生きた者がたくさんの「ふつふつ」を抱えて生き続けるが、しかしその長く生きた者もやがて亡くなって、それとともに「ふつふつと思い出される存在」であった人たちも、思い出されない存在になっていく。   
JR東日本の社内誌トランヴェール7月号、巻頭エッセイで、1927年生まれの北杜夫が、若き日の軽井沢の思い出について書いている。夏の軽井沢では、遠藤周作宅でしばしばパーティが開かれ、文学者仲間、三田文学の青年や聖心女学院出の女性も多く集まって、「飲めや歌えやの大騒ぎをしたんだ」そうだ。でも「そういう作家たちも今ではすべて亡くなってしまった」という。「今ではすべて亡くなってしまった」というフレーズは、年配の人からよく聞くフレーズだ。たくさん抱えこんだ「ふつふつ」を吐き出したい気持ちが、そこに現れているんだなあと、あらためて思った。

複数のブログやSNSに一括投稿する無料サービス「postkun(ポスト君)」 - GIGAZINE

先日、「MovableTypeの記事をmixi日記にお手軽コピーするプラグイン mixiSync.」というエントリーで書いたとおり、閉じられている簡単さと1000万という規模により、mixi需要というのは根強い。外のサービスの使い方、作り方を教えても、学生たちは、手軽にいろんな人と交流のできるmixiに結局流れていってしまう。

そういう意味では、以下のsnsとブログ、両方にまたがって投稿できる以下のサービスは朗報かもしれない。

リンク: 複数のブログやSNSに一括投稿する無料サービス「postkun(ポスト君)」 - GIGAZINE.

mixi、GREE、カフェスタ、ココログ、Movable Type、ドリコムブログ、livedoor ブログ、TypePad、WordPress.com、Blogger、JUGEM、WordPressに一括で投稿できるという一歩間違ったらスパムブログ生成サービスになるのではないかというようなかなり強力な無料サービスです。

でもすでにこの記事でもほのめかされているけれども、同じ内容の記事をあちこちのブログに投稿しまくる、スパムブログ的な使われ方は、おそらくでてくるだろう。

JOHO新潟

URLではなくて、検索語を示すテレビCMが増えている。
さっきみた専門学校のCMでは、検索語が「JOHO新潟」だった。
これを見て思ったことは二つ。

1.テレビCMを見て、検索語を入れる、という一連の行動により、何とかこの学校のページにたどりつけるという生徒は、僕の印象では、全角/半角、ひらがな/英数の切り替え操作がおぼつかない人が多いと思う。ということは、「JOHお新潟」なんていう入力語になってしまったり、全角で「JOHO」になってしまったりしてもいいようにする必要があるわけだ。いまやってみたところ、全角で「JOHO新潟」でも大丈夫だけど、「JOHお新潟」はさすがにダメだった。和文英文の混在した検索語を指定するのは、結構リスキーだという気がする。

続きを読む "JOHO新潟" »

2007/07/23

Foxy Tunesを使って今聞いてる曲を署名に追加する方法

ブラウザ上で音楽プレーヤを操作する、Foxytunesが、バージョンアップ。署名に現在再生中の曲名を追加する機能がついたようだ。

リンク: Signatunes - add music signatunes to your emails and blog posts using FoxyTunes and more....

Foxytunes v2.9.5

先ほどGmailで動作確認したが、右下のボタンを押すと、再生中の曲名とFoxyTunes Planetへのリンクが追加される。ほかに、Facebook, WordPress, AOL Mail, MySpace Blog, Yahoo!! Mail, Hotmailなどが対応している。

この前閉鎖となった日記才人の時代(90年代後半)、ウェブ日記の最後に曲名を書く文化があったなあと思い出した。いまもブログでそういうことをしている人が結構いると思うけど。こうやって気軽に広げられていく口コミを、音楽業界は侮ってはいけないと思う。たとえFoxyTunes Planetが集めてくる情報に、多少問題があったとしても。

「メディア・イノベーションの衝撃」刊行記念シンポ「検証・ネットは参院選に影響を与えたか」

Matimulog-FPN経由で、以下のイベントの開催を知った。
去年の情報ネットワーク法学会での、ブログ/ジャーナリズムをテーマにしたセッションは、これまでのinlaw学会のテリトリーを超えていて、非常に興味深かった。なにより、徳力さんとか藤代さんとか、僕より下の世代の、すごいブロガーたちの存在を知ったことそれ自体が、大きな成果であった。今回は去年のセッションの第二弾で、参院選をテーマにするようだ。

続きを読む "「メディア・イノベーションの衝撃」刊行記念シンポ「検証・ネットは参院選に影響を与えたか」" »

2007/07/22

tumblrは何なんだ - cameraLady

Tumblrのすごいところは、機能を欲張っていないという点だ、という説。

リンク: tumblrは何なんだ - cameraLady.

「ブログは面倒臭いけれど,twitter は気楽に使えて好き」という人,「ソーシャルブックマークはよく分からないけれど,tumblr は楽しい」という人.そんな人たちがボクのまわりに現れだしてハッとする.ボクはこれまで手間を惜しまずに色んなWebアプリケーションを使っていたけれ ど,面倒じゃなかっただろうか.「Webを素晴らしいものにする」なんて気持ちは,個人の「ただ楽しく使いたい」という気持ちに比べたら小さいものなのか もしれない.

説明が大変なので、学生にはTumblrという名前ぐらいしか伝えてないけれども、たしかに感覚的にわかりやすいかもしれない。使っている人たちの考えもそんな感じなのかもしれない。

これを機に考えてみよう.今,頻繁に利用しているWebアプリケーションの中で,実は面倒な手順を踏んでいるようなもの.みんなで協力して使えば確 かに全体としては賢くなるけれども,自分用だと割り切って使えばもっと気軽に楽しく使えるもの.その辺りに楽しい発見がありそうだ.「はてなスター」も既 存の概念で説明が付かないところとか,可能性を感じさせてくれる.

ソーシャルブックマークがいまいちわかりにくいという声は多い。そこそこ教養の高い人(字ばっかり読んでても楽しめる人?)が、自分のために用い、他者ともほんのちょっとふれあいながら、生活していく道具、っていう感じ。「集合知云々」といわれて、肯定/否定はともかく、少なくともその趣旨を理解できるような人じゃないと、めんどくさいっていう最初のハードルを超えられない。

Tumblrはたしかに、余計な贅肉をそぎおとしてあるので、「なんか楽しそう」っていう感覚で始められるのかもしれない。僕は「これは何なんだ?」っていう考えを捨てきれない人間だが、にもかかわらず「話題だからとりあえず使ってみよう」という人間でもあるので、結局いぶかしげな顔をしながら、あれもこれも使い始めてしまうっている。

Information Architects Japan » iA Notebook » Web Trend Map 2007 Version 2.0

リンク: ICHINOHE Blog: Information Architects Japan � iA Notebook � Web Trend Map 2007.

以前に上のエントリーでとりあげた、2007年のウェブトレンドを、東京の地下鉄形式でまとめて図解化したもの。バージョン2.0が出た。

リンク: Information Architects Japan » iA Notebook » Web Trend Map 2007 Version 2.0.

Googleが新宿に移動。Youtubeが渋谷、MSが池袋、Yahoo!が上野。Wikipediaがお堅いおっさんばっかりの新橋へ。Youは皇居に住むことになった。

続きを読む "Information Architects Japan » iA Notebook » Web Trend Map 2007 Version 2.0" »

実名/匿名論と死者の足あと

「世界のブログのなかで日本語がダントツ1位! その理由は?」という記事がR25に掲載された。

リンク: 日本語ブログ - R25.jp.

僕も先週新潟青陵高校で、この話題をとりあげた。ちょっと古いネタだけど高校生はあんまり知らないことだろうと思って、僕はとりあげたのだけど、R25編集部も、R25の読者層はこの話題を知らないと思ってとりあげたってことなんだろうなあ。

続きを読む "実名/匿名論と死者の足あと" »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

log