« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »

2007年7月1日 - 2007年7月7日

2007/07/07

利尻山頂



視界はまずまず。所要時間5時間50分。T谷先生は4時間で登ってきた。すごい。

利尻9合目



毎度おなじみここからが正念場。ほんとに正念場なんだなあ。

利尻5合目から見る礼文


2007/07/06

利尻



ただいま接近中。

2007/07/05

外部メールの取り込みと携帯対応:GmailとYahoo! メール

GmailとYahoo!メール、それぞれで外部メールの取り込みと携帯にどう対応しているのか、さっき大学で話題になったので、ちょっと調べた。

リンク: 風見鶏の目: Gmailで外部メールを取り込む方法.
リンク: Gmailを携帯で読む方法.

Gmailは自分でも普段使っているので、大体わかっている。3月に日本語版のGmailも携帯対応になったので、もう普段メールソフトを使うことはなくなったし、どこでもメールは読める(だんだんメールよりRSSリーダやTwitterの使用頻度のほうがあがっているけれど)。

Yahoo!メールの携帯対応状況は、ここで調べたが、いろんなサービスが平行していて、ちょっとわかりにくい。

リンク: Yahoo!メール - Yahoo!メールをケータイでも快適に!.

Yahoo! Mail (Japan) Mobile

どうもモバイル版Yahoo!というのが軽くて便利そうだが、僕のVodafone携帯は対応していないようだ。

ブログにYouTubeビデオを埋め込むのは著作権侵害?

このテーマは自分の研究テーマに関連するので、時間のない今日、安易にコメントするのは避けたいが、興味深いエントリーが出た。embedタグを使ったYoutubeビデオの埋め込みが、もし元のデータに権利侵害があった場合に、法律上許容されるのかという問題。

リンク: P2Pとかその辺のお話 ブログにYouTubeビデオを埋め込むのは著作権侵害?.

それでも事実として、法律(やそれをよりどころにしてビジネスをしている人達の解釈)と現実に大きなズレが生じている。そのズレを活かすも殺すもそれを取り巻く人達次第なのだけれども、極端に言えば現状は殺す方向に動いているようにも思える。

続きを読む "ブログにYouTubeビデオを埋め込むのは著作権侵害?" »

2007/07/03

TAROSITE.NET: Twitterファシリテーション - 大学の授業での活用

松村太郎さんのTwitterを活用した授業に関する記述。

リンク: TAROSITE.NET: Twitterファシリテーション - 大学の授業での活用.

 ふと、最近気になっているTwitterを使えないか、と思ったのだ。マイクとスライドによる発表は、いつも通りのタイムラインとして90分の授業が進 む。そこの上に、ネット上のTwitterという別のレイヤーをかぶせて、学生にもそこにジョインしてもらう。授業中に交わされている議論に文字で参加し てもらい、その画面は授業のスクリーンに常時表示しておく。さて、どうなるだろうか。

以前Skypeチャットで似たようなことをやってみたことがあるけど、教室での講義や対話とパラレルにすると、教員のほうがチャットをフォローできなくなってしまった。その点では、Twitterの「ゆるさ」は役に立つかもしれないという気はしている。後期から活用してみようかな。「どうしていいかわからない」みたいなことを連呼するやつが出てきそうだなあ。

家系図作成サービスGeni

オンラインで家系図が作成できる、Geniというサービスを見つけた。ネタ元は以下の記事。

リンク: TechCrunch Japanese アーカイブ » Geni: 5ヶ月で500万人のプロファイリングを達成.

親兄弟その他の親戚を家系図上に登録し、招待メールを送ることができる。招待された人もユーザとして参加すると、さらに家系図が親戚たちによって拡張されていくという仕組みだ。

ネックとなるのは、親兄弟その他の親戚の多くが英語ができない(だろう)ということかなあ。

今聞いてる曲をTwittyTunesでTwitterのTwitter DJに投稿し、あちこちから情報を抽出するサービス

# タイトルが変だったので修正。

iTunesの操作をブラウザの拡張機能でやってしまうのが、FoxyTunes
それに付随して、今再生している曲名をTwitterに投稿できるのが、 TwittyTunes

今日発見したのは、このTwitterTunesでの投稿の相手先となるTwitter DJ.。

続きを読む "今聞いてる曲をTwittyTunesでTwitterのTwitter DJに投稿し、あちこちから情報を抽出するサービス" »

アメリカ以外のWeb2.0事情を伝えるblognationスタート

世界のWeb2.0事情を伝えるサイトとして、 blognation - one nation, many voices. .がスタートした。

主催者のSam Sethiは、, London在住の起業家で、TechCrunch UKなど記事を書いていた人のようだ。

続きを読む "アメリカ以外のWeb2.0事情を伝えるblognationスタート" »

2007/07/02

knnkandaさん、Twitterで出馬宣言

KNNの神田敏晶さんが、Twitterで参議院議員選挙に出馬宣言した。
結構大きなインパクトがありそうだが、公職選挙法を無視して、ついついネットでいろいろやってしまいそうな気がするなあ。

続きを読む "knnkandaさん、Twitterで出馬宣言" »

蒼天航路

5月19日のブログ ICHINOHE Blog: 「しあわせの理由」の感想:Tsuyuguchi版.で言及した、「蒼天航路」が、弟の奥さんから送られてくることになった。Tsuyuguchiさんはこんな風に書いている。

n# が自信のブログにこの本を紹介したときの想いを考えるにあたって、もう一つヒントになると思われるのが、ちょうど入院した頃に僕と「蒼天航路で曹操が頭痛 がなくなって『なんとなー』と感動するシーンがあるんだけど、たぶん僕もそうなるんじゃないかな」と話(もちろんメッセ)をしたというエピソード。

彼は「なんとなー」と感動することはできなかったわけで、そのシーンを読んだらまた、こみ上げるものがありそうだが。弘前ねぷたに親しんで育った僕ら兄弟は、三国志に対する思い入れをある種共有しているので、演義とは違う視点で書かれたこの作品を読むのは非常に楽しみだ。

ねぷた開催中の8月最初の週末に、弟の埋骨を弘前で行う予定だったが、ご参列くださる方々の宿の手配が難しいこともあり、もうちょっと先に伸びることになった。祭りのときの弘前は、「東京のnaoyai」と「弘前のnaoyai」、それぞれの中にある人物像を統合するのにも、最後のいい機会になるかなと思ったのだが。それはいつでも一緒かな。

茂木健一郎さんの本に、母親が死んだ数日後にその年初めての螢を見て小林秀雄は「おっかさんは、今螢に なっている」とふと思った、という話が、たびたび登場する。今年のねぷたを見て、まさか「弟はねぷたになった」とは思わないだろうが、一緒に見ているような気分にはなるかもしれない。この夏はやはり、ねぷたを見に帰ろうと思う。

2007/07/01

Flickr: ついったー写真部.

はてなグループで、Twitterについて扱っているついったー部というグループがあるのだが、その中についったー写真部というのができ、ついったー写真部のグループが、Flickrの中にもできた。

リンク: はてなグループ::ついったー部 - ついったー写真部.
リンク: Flickr: ついったー写真部.

ややこしいけど、TwitterとFlickr、両方を使っている人は、みればわかる。ただ、活動目的はまだ定まっていない。

SlideShareにパワーポイント資料をためておく

Let's noteに悲劇が訪れた情報通信学会での発表内容をどうやって公開しようか考えていたところ、過去のはてなブックマークをたどると、SlideShareというサービスを発見した。これならPDFで不恰好に変換する必要もないし、フラッシュに変換する手間もいらない。ただ載せるだけ。

続きを読む "SlideShareにパワーポイント資料をためておく" »

企業ブログに必要なのはPassion

先週木曜日に行われた、AMNブログイベント第二弾について、徳力さんがコメントしている。

リンク: なんといっても企業のブログの成否は、ブログの担当者次第ということ。 : tokuriki.com.

 

 マイクロソフトの社員ブロガーでもある森屋さんがとにかく強調されていたのが「PASSION」というキーワード。
 
 

詳細は、パネラーの小林さんのブログや、参加された方のレポートなんかを見ていただければと思いますが、  要は社員ブログ成功のポイントは、担当者のやる気や情熱、リスクをとると腹をくくれるかという度胸にあったりするわけです。  

 

もちろん、個人の挑戦を歓迎するカルチャーか、抑制するカルチャーかというのは当然大きく影響すると思いますから、外資系であるマイクロソフトと同じことを日本の大企業でそのまま実行して上手くいくかというのは全くの別問題だとは思いますが。

 

やっぱり、何かを成功させるのは、ルールや規定とかではなく、それをやろうとする担当者、要は「人」次第なんだという当たり前の事実を見失っていたことを、改めて思い知らされた感じがしました。

 

そういわれれば、日本企業でもビジネスブログを成功させている企業には、かならずそのブログを真摯に運営している担当者の人がいて、その人がいろんな努力や苦労をしながら今までブログを運営しているはず。

敬和学園大学でググると、敬和の教員という立場を明らかにしている本ブログが、かなり上位に上ってくるようになった。

続きを読む "企業ブログに必要なのはPassion" »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

log