« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »

2007年6月17日 - 2007年6月23日

2007/06/23

日記才人が7月で閉鎖

先ほどMiyaさんからコメントがあり、日記才人が来月で閉鎖になることを知った。僕は日記猿人時代からのユーザで、番号が185とか、それぐらいの若い番号だった記憶がある。閉鎖予定を知らせる文面に、こんなことが書いてあった。

このサイトは元々バラバラに更新されていた個人のページの更新状況を一括にまとめて皆で見れるようにしよう、という趣旨のサイトでした。当時はブロ グサイトなど存在せず、このようなサイトでないと誰がいつ更新をしているのかがわからなかったので当時一ユーザーであった私も重宝していました。
今はブログサイトがあちこちにあります。更新を報告なんぞしなくてもいつのまにかRSS等でまとめられて配信されています。そして私もそのようなサービスを使い、他の仕事をし、正直このサイトに対する情熱は段々なくしてしまいました。その点とても心苦しく思っています。

90年代にウェブ日記を書いていた人や、その他ネットで「活動」していた人たちというのは、ダイアルアップが切れたらはかなく消える存在であるユーザ同士が、いかにして効率よく交流するかということに、みんな関心を持っていた。リアルタイム性に執着しない日記だけの人もいたし、日記も書くしチャットにも現れる人もいたし、その態度はいろいろだったかな。

もちろん、こうした人たちの多くは、その後サービスがどのように革新的に変化してきたかを、リアルタイムで見てきたはず。mixiやrssやブログのようなツールの登場によって、個人が情報の扉の開閉をより自由にコントロールできるようになっていることにも気づいている。それでも場末の店で飲み続けたという人もいれば、僕のようにどんどん新しいものに飛びついてしまった人もいる。

ただいずれにしても、日記才人(前身の日記猿人のほうが愛着があるけど)がなければ、生まれなかったコミュニティ、生まれなかった出会いはたくさんあるはずだ。日記関係の人たちと、僕はもうほとんど交流がないけれども、管理人さんの力で、たくさんの人たちの絆ができたんだということは、間違いないと思う。

なにをいいたいかというと、RSSにせよ、ソーシャルブックマークにせよ、それらがどういう意味を持つかについて、過去を振り返りながらその新しさを考える僕と、いきなり「今」からスタートする学生たちとでは、自ずとその見方が違うんではないかということ。「今」からスタートする学生たちは、どっちかというとめんどくささが先に立っていて、僕がその意義を説いても、ほとんど伝わっている気がしない。でも過去を知る人たちの中にも、馴染みの店で飲み続け、新しいツールに手を出さない人もいるわけで、まあそこは人それぞれ、ともいえる。

Mixi足跡お知らせくん

タスクトレイをすぐに散らかしてしまう僕は、インストールしないでおくけれど、Mixi依存症の方には朗報かもしれない。タスクトレイに常駐して、誰かがMixiの自分のページに足あとを残したら教えてくれるものだ。

リンク: Mixi足跡お知らせくん

これは貴方のMixiへのアクセスを
リアルタイムにお知らせしてくれるソフトです.

起動しタスクトレイに収納しておくと,
貴方のMixiにアクセスがあるたびに
「~さんがアクセスしました」
と時計の横にバルーンでお知らせしてくれます.

つまり,現在誰があなたのMixiを見ているかが解ります!.


                  

2007/06/22

Webベースワープロ「Zoho Writer」が日本語化

敬和に来て最初に持ち上がったのが、Microsoft Office Specialist対策講座の単位化であった。

これだけすべてがウェブサービスに向かっている中にあって、レガシー側の代表たる、MS Officeの検定講座を単位化することには、正直いって違和感があった。でも、その後状況をきくうちに、どうやら議論の焦点はそこにあるのではなくて、「実践的」科目を単位化することの是非にあるということに気がついた。複雑な気分をかかえながら、僕は実践派に賛成する側に回り、めでたく今年度から「情報技術資格対策」の単位化が決まった。

学生に「Word/Excelの資格取ったほうがいいですか?」とときどき聞かれて、僕の認識をどのように語るべきか迷うけれども、僕の授業をとった学生には、Office Applicationのオンライン化の動きは、必ず話をしているはず。この文脈を理解してくれさえすれば、その人がOffice Specialistに取り組むかどうかは、どちらでもいいんじゃないかと思っている。

僕の話がちんぷんかんぷんの人は、恐らく情報に関係する仕事には「つかない」と思うので、逆説的だけど、Office Specialistにとりくむのがいいのかもしれない。たぶん今のトレンドが定着していくとしても、それが新潟の一般のオフィス環境に浸透する前に、みんな就職することになるだろうから。

ところで、Office系のアプリケーションのオンライン化については、Google Docs&Spreadsheetのことばかりを見ていたけれども、Zohoというサービスが別にあることを知った。

リンク: Webベースワープロ「Zoho Writer」が日本語化.

これらのファイルをZoho Writerに読み込んで保存しておき、ブラウザでアクセスすればどこからでも利用できるようになる。WYSIWYGのエディタ画面で編集でき、PDFなどに変換することも可能だ。他のユーザーと共有したり、編集履歴を管理する機能も備える。

すでに表計算ソフトは、先行して日本語化しており、プレゼンテーションソフトも日本語化をすすめているという。オンラインで文書が共有できるというのは、なかなかありがたい。昨日MLに投げたメールを携帯で受けた学生たちから、添付のdocファイルの再送依頼がきて、何通も再送したばかり。添付もやりたくないし、できることならこの手のサービスを使ってスマートに共有したいものだ。

野呂馨先生逝去

今朝母から、野呂馨先生が亡くなったという連絡があった。71歳。

伝聞なので少し慎重に書こうと思ったが、弘前高校で高3のときに担任だった野呂先生のことで間違いなかろう。板柳高校の校長を最後に退職されたという。
穏やかでいい先生だった。センター受験から早々にドロップアウトした僕らのことも、暖かく見守ってくれた。ホームルームの時間、受験のことで悩む生徒たちに向かって、慎重な言い回しながら、「親には苦労をかけるものだと思う」と断言されたのを、なぜかよく覚えている。

数年前に同窓会でお会いしたのが最後になった。弟の死の教訓は、会える人には会っておいたほうがいいというものなのだが、結局今回も、「反省するだけ」になってしまった。

# 同期のmixiコミュにも、nonveyから情報提供がされていた。

大変お世話になりました。
ご冥福をお祈りいたします。

# 追記:
野呂先生は大学時代から歌をやられていて、英語の先生なんだけど、よく教室で美声を披露されていた。弘前高校の校歌の冒頭、「あおぐもたかく つがるのあけて」のところを、「あおぐぅー」と「ぐぅー」を力強く歌われるのが特徴で、みんなよく真似していた。

2007/06/21

iSummit2008は札幌開催


Image474-.jpg
Originally uploaded by fumi.

fumi's blog.によるとiCommons Summit、来年は札幌開催だそうだ。

FPN-YouTube日本語版は、何をもたらすのか?

FPNで以下のような記事を読んだ。
YouTubeの日本語化は、ユーザにとってのメリットより、YouTube自体にとってのメリットのほうが大きいという説。

リンク: FPN-YouTube日本語版は、何をもたらすのか?.

では、YouTube日本語版のリリースは、いったい何を目指したのか?

これは私見だが、ずばり、広告収入を増やすことではないだろうか。

つまり、動画のタイトルが日本語になることによって、
日本語で検索できるようになり、
Googleアドセンス等の日本語の広告が表示されるようになる。

だから、Googleアドセンス等のリスティング広告が
クリックされる確立が格段に上がるはずである。

英語で何を書いてあるのかわからないものをクリックしようとは思わないが、
日本語で意味がわかる広告文が書いてあれば、
ついついクリックする、ということもあり得るだろう。

すでに使っている人にとってのメリットは少ないだろうけど、初心者が簡単に操作できて、ミクシー並みの気軽さでYouTubeに動画を載せられるようになるならば、ユーザにとって結構なメリットなんじゃないかと思う。英語見ただけでイヤになってしまうユーザは多い。もちろん動画配信が気軽になると、それだけ問題のある映像が流れ出す危険性も高まるのだが。

英語だけの状態でも、日本人向け広告媒体として悪くなかったと思う。でもたしかに広告を出す側の誤解もあっただろうから、これを契機に日本人向けの広告は増えるのかもしれないなあ。ただ今回の日本語化は、権利者団体との摩擦を加速させる可能性もあり、そこからYouTube
のマイナスイメージが日本国内で増幅されるということもありうるので、マスコミは慎重かつ公正に報道すべきだし、ユーザも冷静に状況を見きわめた方がいいだろう。

ドコモ、「iPhone」導入に意欲 米アップルと交渉へ-ITのニュース:イザ!

少なくとも一年間、iPhoneは日本市場には入ってきそうもないわけだが、キャリア間の争奪戦は激しく、ドコモとソフトバンクが動いていると記事は述べている。当然auも動くだろう。

リンク: ドコモ、「iPhone」導入に意欲 米アップルと交渉へ-ITのニュース:イザ!.

また、アップルは米国で、通信事業者が同社に通話料の一部を支払うビジネスモデルを求めており、日本の事業者が受け入れるかどうかも焦点となりそうだ。

端末の噂話を見ている程度だったので、通話料の一部をアップルがとるっていう仕掛けを、僕はこの記事ではじめて知った。結局iPhone利用者だけ通話料をあげるわけにもいかず、全体的に通話料を押し上げる方向に向かうんじゃないのだろうか?

古町8・9は「小路の街」-新潟シモフル暮らし

新潟市の古町界隈について、以下のような記事を読んだ。

リンク: 古町8・9は「小路の街」-新潟シモフル暮らし.

西堀・東堀通にはさまれた約200m四方のこの一帯はいわゆる古町の飲み屋街なのだが、写真のような人がすれ違えるかどうか位の小路が西堀~西新道~古町 ~東新道~東堀通を網の目のように無数に結んでいる。西新道・東新道も車1台通るのがやっとの狭い通りで、これら狭い通りや小路沿いにはそれこそ高級割烹 から庶民の居酒屋まで多種多様な飲食店が軒を並べている。

この密集感とミックス感が気に入っているのだが、最近では古町通や坂内小路などに呼び込みの黒服兄ちゃんばかりが目立ち客足が減っていて、街を歩いても寂しい。

例えば、古町通に週末夜だけでいいから路上ライブや大道芸、縁日屋台などを呼んで「夜市」みたいな雰囲気にすれば、酔客だけでない一般客も来てくれて賑やかになるかも。せっかくの「小路の街」、酔客だけではもったいない。井上さん、古町の「横丁」も研究してみませんか?

去年の前期、授業のため新幹線で毎週東京-新潟を往復し、新潟市内で一泊していた。その頃の僕も、この界隈は雰囲気があっていい感じなのに、黒服ばかりが目立ってしまって台無しだなあという印象を持った。結局新潟駅界隈に住むことになり、今は古町に行くことはほとんどなくなってしまった。

ときどき新潟駅前で路上ライブをしているのを見かけることがある。そういうエネルギーがありあまってる人たちは結構いるはずだから、そうしたエネルギーをうまく取り込むための工夫や「おおらかさ」が必要だろう。

Google Mapsと連動したBBS

Google Mapsを利用して、地図上に掲示板を作るサービス「geeeo」のことを知った。敬和学園大学の上にも掲示板を作ってみた。んー、でも掲示板だけでは、あまり使い勝手は良くないかな。ALPSLAB Routeで、ルート上のFlickrの写真が表示されるように、geotagのついた他のデータと連携できるとか、何か付加価値がないと、わざわざ地図を使ってコミュニケーションをするメリットはなさそうだ。

一戸信哉の脳内イメージ - 脳内メーカー

ちょっとした話題になっている、脳内メーカーというのをやってみた。名前を入れると「あんたの頭の中はこんな感じ」っていうのが出てくる。

 

うそこメーカー
一戸信哉の脳内イメージ

悪いことばっかり考えているけど、それを隠しているというわけだなあ。すみません。shinyaiだと結構いい人になる。

うそこメーカー
shinyaiの脳内イメージ

2007/06/20

BlogTV #47 CGM特集 ビデオブログのつくり方 3of3

MXTVのBlogTV #47 CGM特集 ビデオブログのつくり方 3of3です。

顔写真をうまく撮れる関係

伊藤穣一さんのFlickrには、たくさんの人々の顔写真が載っていて、しかもみんないい表情をしているので、いつも感心している。スティーブジョブスとビルゲイツの対談を撮ったこの写真は、NewYork Timesにも使われている。

顔写真は、撮影する人とされる人の人間関係がすごく大事になるし、彼の撮った写真がFlickrに載ることをみんな知っているだろうし、彼はきっとコミュニケーション能力にすごく優れていて、みんなついつい撮影に応じてしまうのではないかと思っていたのだけど。やはりそれなりにためらいもあるようだ。僕もがんばろう。

リンク: Joi Ito's Web - JP: Dを終えて、そして皆に感謝.

でも僕はまだカクテルパーティーで快適な状態にはなれなくて、みんなと話しててもあまり時間のたたないうちに動いちゃうんだ。 基本的に僕はシャイみたいなんだ。 僕がフォーカスしてなくて、「何の仕事してるの?」っていう質問をされた後は特に具合が悪いな。

僕はセレブの写真を撮るのがうまくなっては来てるんだけど、それでもやっぱり近付いていって"Hi!"って挨拶するにはまだまだ抵抗がある。僕はもっとこういうこと克服すべきだよね。

Lawrence Lessig Speech at iCommons Summit 2007

iCommons Summit 2007でのLessigのスピーチ。
「あとで見る」だけど。

2007/06/19

YouTube Japanがスタート

Flickrに続き、YouTubeも多言語化。なんと日本語版ができた。

リンク: YouTube Japanがスタート--日本語をはじめ多言語化:ニュース - CNET Japan.

日本語に切り替えたら、オススメ動画も日本のものになっている。
これで敷居が下がって、人々がYouTubeを動画配信のチャンネルとして利用するようになるか、テレビ番組のデッドコピーを量産するようになるか。

普通に考えれば後者なんだけど、「英語はお手上げ」っていう日本人って、結構分厚いから、「なーんだ、こんなに簡単にできるんだ!」っていって、自分チャンネルを始める人が増えるんじゃないかなっていう、淡い期待もしている。

涼しい顔の津軽衆

Tumblrは固定リンクの処理がイマイチだなあ。Mayu の頭の片隅.で、弟との仕事についてコメントがあった。

「雑感 - WEB 上の広告と CS は、本当にトレードオフなのだろうか。」

大昔、私がベンダとして naoyai さんに、ほんのちょっとの期間ではありましたが、ご一緒させていただいたときの事が、頭の中に蘇りました。

それは、私が上司のプロデューサさんと naoyai さんの間で困った状況に直面したときのことです。

その根本解決は難しいけれど、代替の案やヒントをポンをさりげなく、そしていとも簡単だと、涼しい顔をしながら置いてくださった、naoyai さんの姿です。

naoyai さんが聞いたら「えー大げさな (笑)」と笑われてしまうかもしれません。でもその経験は、今の仕事の礎を、自分の 3 年後、5 年後の姿を、漠としていた自分の願いを、頭の中で思い描くきっかけとなった出来事でした。

ほんの少しの間でも、naoyai さんとご一緒できたことを、嬉しく思っています。

そして、その機会を与えてくださった全ての方に感謝しています。

続きを読む "涼しい顔の津軽衆" »

2007/06/18

la_causette: 「英語圏のネット世界」とはかけ離れた場所の提供者からの苦言について

さっきのエントリーと前後して、小倉先生も梅田さんのエントリーに反応している。

リンク: la_causette: 「英語圏のネット世界」とはかけ離れた場所の提供者からの苦言について.

 しかし、はてなが提供する、匿名の陰に隠れてだらだらと人の悪口を述べるのに便利な各種サービスに漬かっていると、「英語圏のネット世界」での「グロー バルな競争」からは最も遠いところにおいて行かれてしまうのではないかと思うのです。だいたい「自分には実名を明示するメリットはない」云々と嘯いて匿名 性のぬるま湯に漬かったままで上から目線で他人を見下すエントリーやブックマークコメントを量産するだけの人生を送る人々のお陰で利潤を得ておきながら、 今更「『緊張感を持って生きる』ってどういうことかを考えてほしいな」と言われたって、どうしてもある種の白々しさを感じてしまいます。

「匿名 性のぬるま湯に漬かったままで上から目線で他人を見下すエントリーやブックマークコメントを量産するだけの人生を送る人々」というのが、はてなブックマークユーザのことで、「お陰で利潤を得て」いるのがはてな、という理解である。ちなみに梅田さんははてなの社外取締役で、外の人ではないけれど、純粋な「中の人」ともいいがたい立場だ。つまり小倉先生は、「『緊張感を持って生きる』って、あなたはそんなことが言える立場にはいないでしょ。」といいたいようだ。

僕は去年、いわゆる「ホッテントリ」を荒らして批判を浴びたけれども、後から思うと、そのときつけられたコメントはそれほど理不尽ではなかったように思う。もちろん「死ねばいいのに」なんていうタグがつけられたりして、気分を害することもあるのだろうが、2ちゃんねるでのひどい悪ふざけに比べると、比較的穏当な印象を持っている(2ちゃんねるの実態を、実はよく知らないけど)。

実名/顕名について、僕の立場は今もニュートラルだ。去年に比べれば、そのデリケートさを学生たちには伝えるようにしているけれども、でも個人情報のうちの何をどのように開くかは、少なくとも自分のブログその他においては、自分でコントロールすればいい。

どちらかというと最近強調しているのは、つまらないものはつまらないまま、世に晒されるのだということ。で、つまらないものはたいがい、他人に注目されることはないということ。たしかに人知れず書かれている「つまらない」個人的なブログが、いきなりブックマークで槍玉に上がることはあって、それはそれで「身の毛がよだつ」ような思いになることもあるわけだが、でも公の場所で何かしゃべったり書いたりしているのと同じことで、たいていの場合には誰も注目しないのだ。たいていは注目されないはずなのに、何かがきっかけで急に注目されてしまう可能性があるというだけのことだ。

ただこういう話をし過ぎると、学生たちはビビッて、mixiのような閉じられた場所に、向かっていってしまう。僕は、「フラット化した社会」をイメージして、偏差値で勝負が決まったわけじゃないと考えて、これからも自分の可能性を追求しつづけるよう、学生たちに促したいので、梅田「オプティミズム」に非常に強い共感を持つのかもしれない。

ちなみにまとまった文章を書くのが苦手な学生たちにとって、ソーシャルブックマークはその前段階として、世界観を広げていくことや自己表現を行うのに役立つと思う。Newspaper in Education(教育に新聞を)という活動を新聞業界が推進しているが、もう少し能動的なソーシャルブックマークを教育にどのように生かしていくかっていうのを、ソーシャルブックマーク「業界」が取り組んでくれたら面白いのではないかと思う。

「緊張感を持って生きる」

梅田望夫さんのブログで、こんな記述があった。
僕の教えている「大学生」で、梅田さんのブログを読んでいる人は少ないだろうから、引用しておこう。

リンク: My Life Between Silicon Valley and Japan - サバイバルという言葉が嫌いなら使わないで話そうか.

 「次の十年」、いまの大学生が三十代に入る頃、さらに加速した変化が「仕事をめぐる世界」「職業をめぐる世界」に起きているだろう。いまは「そういう時代なんだ」ということを認識して「緊張感を持って生きる」ってどういうことかを考えてほしいな。

  社会が悪いのは誰かのせいだみたいに考える人がいるみたいだけど、政府だって「こういう大変化」の前ではぜんぜん無力という面もあるよ。変化に適応しや すいのは大組織より個だ。個が「緊張感を持って生きる」ことにし、そう頭を切り替え、ネットの世界に向き合って、その可能性を追求すれば、脅威はチャンス に変わる。

まだ何者でもなく、たくさんのチャンスに恵まれている学生たちだけど、このような可能性を追求する姿勢になれる学生はごく少数だ。おそらく受験競争の勝者たちに結果的に偏ってしまうだろう。「結果的に」といったのは、こうした認識の源が「自信」にあるからだ。「自信」は受験競争から生まれるだけではないのだが、受験競争で敗北したと感じている学生たちは、総じて欲を出さない。あるいは「出せない」。

しかし将来にわたって負のエネルギーを発散させ、成功者へのやっかみをいいながら、9AM-5PMの職業生活に埋没していく前に、今からやっておくことはたくさんあるはず。高校までの間の勉強量の不足は、気づいたときに正していけばいい。大学生のうちから、適度の「緊張感を持って生きる」ことは大事なことだと思う。

学生にはチャンスがたくさん転がっている。手を挙げなければ何も始まらない。

情報ネットワーク法学会研究大会、今年は新潟開催

Matimulogに告知が出たので、後追い。公式発表はまだのようだが。

今年の情報ネットワーク法学会は、11月10日、新潟で開催される。

===============================================================
「情報ネットワーク法学会第6回総会・第7回研究大会」開催のお知らせ

主催 情報ネットワーク法学会(http://in-law.jp/)

後援 新潟県,新潟県IT&ITS協議会,財団法人にいがた産業創造機構

日時 平成19年11月10日(土)午前10時〜午後5時30分

会場 財団法人にいがた産業創造機構
   〒950−0078 新潟県新潟市中央区万代島5番1号 万代島ビル
   (「ホテル日航新潟」と同じビルです。)
(地図)http://www.nico.or.jp/access/index.html

*報告の公募,プログラム,懇親会,宿泊などについては,今後順次ご案内させて頂きます。
========================================================

「動き始めたインターンシップ制度 マイクロソフトなどが先行して導入」日経トレンディ1996年6月号

mono-monologue.の akstさんが出版社に問い合わせてくれたおかげで、弟の声が掲載されている、1996年6月号の日経トレンディのカラーコピーを見ることができた。中央大学総合政策学部4年の一戸直君として登場している。

写真は見切れてたりして。名前が間違えられて、本人はお怒りだったそうだ。

続きを読む "「動き始めたインターンシップ制度 マイクロソフトなどが先行して導入」日経トレンディ1996年6月号" »

2007/06/17

五反田Links

金曜の夜、五反田のLinks Oyster Barに初めて行ってきた。弟直哉の奥さんに声をかけ、Tsuyugu夫妻も参加してくれた。Linksのことは、以下のリンクにあるとおり、弟から二年前に教えられたのだが、他の店のことも聞いたので、結局一度もこの店には行っていなかった。Tsuyugu夫妻は、Linksを弟夫婦から聞いたそうだ。

200706 466

リンク: InTheSpiral: Links Oyster Bar (五反田).
リンク: ICHINOHE Blog: InTheSpiral: Links Oyster Bar (五反田).

弟と親交のあった人に弟の馴染みの店で会うっていうのは、今の僕にとって一番必要なことの一つであり、非常に有意義であった。とにかく彼の足あとを、一つでも多く集めておきたいし、似た顔をして彼の友人の前に現われることは、今から僕が彼にやってやるべきことの一つなんじゃないかという気すらしている。

ただ、後から考えると、彼の奥さんにはかえって申し訳ないことをしてしまったような気もしている。あの店には夫婦の思い出がたくさん詰まっているんだろうし、弟の不在を際立たせてしまったかも。

茂木健一郎ブーム

『フューチャリスト宣言』を買ったのをきっかけにして、茂木健一郎氏の一連の著作を読み始めている。実は『フューチャリスト宣言』はまだ読んでいない。

昨日茂木 健一郎『脳と仮想』を読み終えて、茂木 健一郎『生きて死ぬ私』を読み始めた。すでに意識とはなにか―「私」を生成する脳』も購入したほか、「脳と仮想」に出てくる小林 秀雄: 現代思想について―講義・質疑応答 も買ってきた。



続きを読む "茂木健一郎ブーム" »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

log