« Amazon Kindle | トップページ | Friendsterが日本語対応 »

2007/12/05

照明でうつが直る?:結城未来さんにお会いした

昨日は某通信事業者さんが大学まで来てくださり、ウェブ社会やICT教育について、2時間ぐらいインタビューをしてくださった。これは掲載していただいてから再度アナウンスすることとする。

その後新潟市内に戻って、新潟大学法学部でゲスト講師をされた、結城未来さんを囲む会に参加した。

あまりテレビを見ない僕は、失礼ながら彼女のことを知らなかったが、競馬中継やNHKの生活ほっとモーニングなどで、かなり幅広くテレビで活躍されている 方であった。が、彼女の最近の活動の中心はテレビではなく、照明方法を指南する活用のようで、「うつを解消する照明術」について、盛んにお話しされてい た。


うつになったり、なりそうになった場合に、特定の方法・頻度で照明を浴びることで、快方に向かうという。彼女は確信を持って語っていた。あと、冬になった らセロトニンの分泌量が減ってしまい、かつ日照時間も短いので、冬ならではのうつにもなりやすいという。彼女が「冬うつ」と名づけたんだそうだ。

新潟大学での講義は、フリーアナウンサーとしてのこれまでを語るもので、特に女子学生をencourageする内容であったという。敬和でも一度お願いしたいものだ。

ネットでの自分の文章を公開するについては、「著作権が侵害される」「ひどいことを書かれる」と、かなり警戒感をもっていらっしゃったので、情報法の専門家たちでしきりになだめたのだけれども、さて、このブログのエントリーを見て、安心していただけたらいいのだけれど。

« Amazon Kindle | トップページ | Friendsterが日本語対応 »

コメント

冬うつ=冬季性鬱病のことですかね?

普通の照明でいいなら是非お聞きしたいものですよ。

ま、今は冬でもお日さまの出ることが多い地なので、大丈夫ですけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 照明でうつが直る?:結城未来さんにお会いした:

» 「光療法」結城未来さん(タレント・灯りナビゲーター)のお話を... [公益コミュニティサイトCanpan(カンパン)が日本を元気にする!                     寺内昇 「世のため人のためにお役に立つCANPANブログ」]
一樂信雄先生(武蔵大学名誉教授・愛知東邦大学教授))が主催されている、CCCF2007(クロス・カルチュラ... [続きを読む]

« Amazon Kindle | トップページ | Friendsterが日本語対応 »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

log