« 弘前市立博物館の弘前ねぷた展 | トップページ | 「なかのひと」の性別・年齢推定機能 »

2007/08/08

「地域の国際化を推進する参加型実践教育」

新潟国際情報大学の取組み、「地域の国際化を推進する参加型実践教育」が、文部科学省の現代GP(現代的教育ニーズ取組支援プログラム)に選定された。

リンク: 平成19年度「現代GP」に採択.

副題となっている「国際交流インストラクター」事業は、もともと新潟県国際交流協会が実施していたもので、今年から敬和学園大学も参加している。敬和での担当者は僕。

9月以降、スタディツアー、「小中学校・高校でのワークショップの実施」が次々に始まる。敬和にとっては新しい事業なので、学生も教員もとまどいながら進 めているのだけれど、ワークショップを行う学生たちはこれを通して、「『国際』への漠然たる憧れ」の段階を突破し、大きく成長していきそうな予感がする。

新潟国際情報大学(「こくじょう」と略称されることを最近知った)との協力関係の発展や小中高での新たな出会いがあることも期待して、がんばっていこうと思う。

« 弘前市立博物館の弘前ねぷた展 | トップページ | 「なかのひと」の性別・年齢推定機能 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52760/16046792

この記事へのトラックバック一覧です: 「地域の国際化を推進する参加型実践教育」:

» 第436話≪平成19年度「特色ある大学教育支援プログラム」採択結果公表(文部科学省)≫ [HageOyaji通信]
 高校生のみなさん、(^◇^)ノ お〜ぃ〜ゲンキか!  {/fuki_osusume/}時間がある時は、下記もクリックして見てください。  ≪他の教育・学校に関するプログも参考にしてください≫  みなさん、HageOyaji通信:第400話≪21世紀COEプログラム 平成19年度補助金交付決定(文部科学省)≫を連絡しておりましたが、平成19年度「特色ある大学教育支援プログラム」審査結果が報告されました。  【注】平成14年度から始まった「21世紀COEプログラム」、更に平成15年度から始まっ... [続きを読む]

« 弘前市立博物館の弘前ねぷた展 | トップページ | 「なかのひと」の性別・年齢推定機能 »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

log