« 「なかのひと」の性別・年齢推定機能:性別推定も出た | トップページ | ヒューガルデン、ついに新潟からも消える »

2007/08/21

2017

カムチャツカ先生から「天国からのメッセージ」にコメントをいただいた。
shinyaiが人生のクライマックスを迎える、2017年のロシアは、革命100周年で、「何かが起こる」と思われているそうだ。

去年の「ブッカー賞」作品「2017」について調べてみたら、「カムチャツカの雪: スラヴニコヴァ『2017』が「ロシア・ブッカー賞」に.」というエントリが出てきた。去年読んだような気がする。amazon.co.jpにも載っているが、中身の紹介はないし、カムチャツカ先生の紹介を待つしかない。



先日、新潟国際情報大のロシア語専攻の2年生やロシア語担当のI先生とお話しする機会があった。驚いたことに(といっていいのかどうかためらうが)、今年はロシア語専攻の新入生が激増したそうだ。学生と先生は、「先生の人気ですよ」「君たち先輩の雰囲気がいいからだよ」と、お互いにほめあっていたが、たしかに雰囲気がいいんだろうなという感じがした。I先生は、先週末もプロジェクトでご一緒したが、学生をほめて伸ばすのが非常にうまい。まずほめる。ほめてほめてほめて、ついでにちょっとだけ改善点を述べる。僕も「まずほめる」ということを心がけていないわけではないが、見習わなくては。

« 「なかのひと」の性別・年齢推定機能:性別推定も出た | トップページ | ヒューガルデン、ついに新潟からも消える »

コメント

『2017』は『図書新聞』に軽く紹介しました。『文芸年鑑』でも,沼野恭子さんがちょびっと紹介しています……なんて,紙メディアの話をここに書くと叱られてしまうかもしれませんが。池田先生とは,そんな紙メディアの墓場のようなモスクワの図書館で,すれ違ったことがあります。高貴なオーラを感じました(って,僕が下品なだけなんですが)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017:

« 「なかのひと」の性別・年齢推定機能:性別推定も出た | トップページ | ヒューガルデン、ついに新潟からも消える »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

log