« たかが納豆の番組である | トップページ | Google マップにオリジナル地図作成機能「マイマップ」が追加 - CNET Japan »

2007/04/05

TechCrunch Japanese アーカイブ � ハードコアな著作権侵害コンテンツを見たいなら、YouTubeなど忘れてこちらをどうぞ

著作権団体は、Youtubeをどうにかてなづけたいわけだが、Youtubeをたとえてなづけても、次がすぐに出てくるという話。

リンク: TechCrunch Japanese アーカイブ � ハードコアな著作権侵害コンテンツを見たいなら、YouTubeなど忘れてこちらをどうぞ.



YouTubeは明らかにウェブ上で最も人気の高い動画共有サイト。しかし、動画コンテンツの再生時間制限、DMCAからのコン テンツ取り下げ要求それに10億ドルに及ぶ損害賠償請求訴訟などで、YouTubeの深刻な著作権侵害を行う能力はダメージを受けた。しかし、より規模の 小さなサイトがその隙間を埋めるため進出している。


有名なTV番組および/または映画などのストーリーの始めから終わりまで一部始終がYouTubeのライバル達によって簡単に鑑賞できるようになってい
る。例えば、「The
Office」はDailyMotionサイト、「Scrubs」がGoFishサイト、あるいは「SouthPark」をVeohサイトなどで鑑賞でき
る。



そしてこれらも大きくなり、有名になると、訴えられ、がんばって削除しながら、、、という同じ道筋をたどることになるのだろう。が、問題はその先だ。


 

しかも、これらのサイトで見たいコンテンツを検索するのは手間が掛かりすぎるという場合には、コンテンツを整理、アグリゲート、そして自サイトに埋め込ん でいるサイトまで存在する。Allsp.comでは「SouthPark」全11話からどれでも好きな放映分を見られる。それに、新サイト VideoHybridは、独自の分野とも言えるだろうと思うが、多数の映画それに人気のTV番組をほとんど全て(時間制限など無しに)完結した形で取り 揃えている。VideoHybridでは、著作権侵害の正確な回数を示すデータまで公開している。

結局、「整理、アグリゲート」という、Web2.0の本質をやめさせない限り、問題は解決しないことになる。だから、「整理もアグリゲートもしちゃだめだ」というわけにはいかないだろう。この点を今年、著作権法の観点から研究してみようと思っている。

でも本当に大事なのは、「どうしたら、個人製作のコンテンツがテレビ番組や映画と拮抗する勢力になるのか?」ということだろう。そっちを考えたほうがきっと生産的だ。


 

« たかが納豆の番組である | トップページ | Google マップにオリジナル地図作成機能「マイマップ」が追加 - CNET Japan »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« たかが納豆の番組である | トップページ | Google マップにオリジナル地図作成機能「マイマップ」が追加 - CNET Japan »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

log