« チャリ生活 | トップページ | ネパールのデモ »

2006/04/09

津軽人

先ほど自転車が到着した。
「宿題」を片付けて、午後から隅田川沿いを走ってみよう。
ユーミーが浅草に行ってみたいそうなので、どれぐらい距離があるか、チェックしてみるか。
あ、でも新幹線のチケットが先か。

さて、表題の件。
東京にきて、荷物を持ってきた引越屋さんのリーダーは、津軽訛りの人だった。
聞いてみると、尾上の人。出稼ぎだそうだ。
駅前の髪切り屋って知ってますか?と聞かれた。
息子がそこで働いているんだという。
自分では標準語でしゃべってるつもりなんだけど、というその喋りが訛っていた。
僕らの世代でも、訛りなしでしゃべることのできない友人がいたが、今の世代はどうなんだろう。
大学生のうちの妹も、地元どっぷりで、日々津軽弁で暮らしているが、彼女は切り替え可能なんじゃないかという気がする。

一昨日、往復二時間かけて、月島警察署まで行き、免許の住所変更。
ここまで遠いなら、自転車が来てからにすればよかったと反省。
で、窓口にて。
「あー、旭川ですねー、寒そうだなあ。私も青森なんだけど。。。あ、本籍青森ですか。私も五所川原とか鶴田とか、いっぱい親戚いるんですよ。もうずっと昔のことですけどねえ。」
五所川原は僕の出生地で、鶴田は高校時代に住んでいたところ。
警察の窓口での話なので、大して話が広がることもなかったが。

予想外の津軽人との邂逅は、何を意味するのか。

いや何も意味しないか。

でも短期間にこんなに津軽人に出くわすのは、本当に珍しい。


« チャリ生活 | トップページ | ネパールのデモ »

コメント

はじめまして。僕も津軽人、元中里町出身です。
就職で東京に来て2年になりますが、青森の人ってそうそう滅多に会わないですね~。何か人と会って話して、青森出身って分かった瞬間って何とも言えない嬉しさ感じます。そんな事が日に2回もあるなんてウラヤマシイ限りです。

コメントありがとうございます。

たぶん気がつかないで会ってるんだろうなあという気はします。関西人と違って、青森人は訛り丸出ししゃべる人はあんまりいないですしね。

北海道で面白かったのは、結構青森の言葉が「輸入」されていて、しかし地元の人は自分たちが訛っているとは全く思っていないということです。たしかに青森の人の方がなまりがきついのですが、青森人はその分自覚的に使い分けているように思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52760/9501273

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽人:

« チャリ生活 | トップページ | ネパールのデモ »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

log