« ラジオ体操 | トップページ | (教育)にITをどう使うか »

2005/03/03

P2Pコミュニケーションの可能性と法的課題

落合先生のブログから、「P2Pコミュニケーションの可能性と法的課題-コンテンツ産業はP2Pといかに向き合うべきか-」というシンポジウムの情報を得た。もう締切済み。

こんな夜中に同じようなテーマの原稿に苦心している身からすると、是が非でも行って頭を整理しておきたいところなのだが。。。でもこっちはこっちで締切が。。。。

田舎暮らしを始めて5年、できる限りフットワーク軽く飛び回っているつもりだが、やはり目いっぱいアンテナをはっているつもりでも、いろいろ見落としが出るのは避けがたい。
とはいえ、東京にいたらいたで、1万円の参加費を言い訳に参加を見送るかもしれないが。


« ラジオ体操 | トップページ | (教育)にITをどう使うか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: P2Pコミュニケーションの可能性と法的課題:

« ラジオ体操 | トップページ | (教育)にITをどう使うか »

フォト

Tools

  • Twitter Follow
  • Facebook Feed
  • Facebook Fanpage
  • NSMC

Twitter

Booklog

  • Booklog
無料ブログはココログ

Rakuten

From Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos from shinyai. Make your own badge here.

zenback

Postrank

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

log